dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.11.29(Tue) 16:07
こんにちは ジョルです
日の入り時刻は 昼間の時間が一番短い冬至が 一番早いのかと思っていたら
今頃のほうが早いそうです 本当に日の暮れるのが早いです・・・


以前に一度作ってみた つまみ細工の花を また作ってみました


       hukuju2.jpg



左の紫が 前回作った「オダマキ」で 今回は黄色の「福寿草」です


        hukuju3.jpg

         「大」と「小」


今回は 柄のある生地にボンドがつきにくくて苦労しました
無地の生地は ボンドで すぐ くっつくのに
柄の生地は 少し洗濯バサミで押さえておかないと すぐ離れちゃう・・・

ということで 今回は ヒサンな出来映えです・・・
裏から見ると とんでもないんです



ちなみに 本物はこんなお花です


odamaki.jpg hukujusou.jpg

ビミョーかな・・・?

手が ボンドまみれになっちゃいました
それにしても 「ちりめん」という生地は 扱いにくいですね
ふにゃふにゃして もっとシャキっとせんかい!って 言いたくなります


★★★ このちりめん細工は フェリシモのキットです
    簡単にできるので 興味のある方は 試してみてくださいね ★★★

             
 
フェリシモ「コレクション」(頒布会)


お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

にほんブログ村

 
関連記事
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(10) 
Category:その他 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.11.26(Sat) 15:24
こんにちは ジョルです
今日もいい天気で 窓際はポカポカ お昼寝したくなります

ここ数日 忙しかったわりには なんのネタもないので
ブログタイトルにもある ルネ・マグリットについて ちょっと語ろうかと思います
そうです これからも ネタがなくなったとき、
この手は 何回でも使えそうです なんとスバラシイ


マグリットの エピソードから感じた 私の印象は
とても 「普通の人」 だということ
だって あの不思議な絵を描く シュルレアリストですよ
シュルレアリスムを代表する サルバトール・ダリとか 
めっちゃヘンな人って 感じでしょ?

マグリットの写真なんか見ると いつもスーツ姿なのですが 
なんとその格好で 絵を描いていたらしいんです
汚れるでしょって 突っ込みたくなるけど
手際がいいので 汚さなかったといいますから ほんまかいな
地味に心の中で 呟いてしまいます・・・

また 時間にとても正確で いつも決まった時間に散歩したりするので
近所の人は 銀行員だと思っていたなんて エピソードも・・・

でも これって やっぱり逆に「普通」じゃないかな?

幼馴染だった奥様とも 生涯仲良く つつましく暮らしていたようです
その奥様の名前が ジョルジェット
私のニックネームは こちらから拝借したものです


さて ベルギーのブリュッセルに 
マグリット美術館がオープンしたそうです(2009年6月)


         magritte1.jpg


これ 工事中の幕だそうです
こんな外観なのかと思った・・・そのほうが嬉しかったかも・・・
「光の帝国」のだまし絵になっているようですが
この空も 本当の空なのかどうなのか わからなくなりますねぇ・・・・







お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

にほんブログ村

 
関連記事
Trackback(0) Comment(14) 
Category:美術のお話 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.11.23(Wed) 12:56
こんにちは ジョルです
今日は そろそろ雨になりそうな気配です

以前 手作りイロイロという記事の中で 片方しか出来てなかった
アームカバーが ついに 完成致しました


            tebu.jpg


うーん、寸胴でわかりづらいですけどね・・・・

はめると こんな感じ

            tebu2.jpg

てのひらと

       tebu3.jpg

手の甲
・・・って おんなじじゃん!
一応 右と左で 一目 模様にズレが あるんですけど・・・
わかりませんね、まったく

すぐ 暑くなってしまうので 指の無い手袋が好き
これは 棒針で編んだのですが 
今度は かぎ針でベストを編んでます
かぎ針は 去年出来るようになったばかりなので 
簡単なのしかできませんけど



お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

にほんブログ村

 
関連記事
Trackback(0) Comment(11) 
Category:編み物 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.11.22(Tue) 16:06
こんにちは ジョルです
昨日あたりから 寒くなってきましたね、これくらいで普通なんでしょうけど

さて前回まで 嵐山散策の記事でしたが
遅めのランチのあと、嵐山駅の隣りの駅「松尾」に 移動しました

ちょっと 中途半端な時間でしたが 嵐山の駅の近くまで 戻ってしまったことだし、
今から 京都の中心に戻るには遅過ぎ、
かといって 帰るのにも早過ぎでしたので・・・

「松尾」駅の近くには 松尾大社があるので
最初は そちらに行こうと思っていたのですが、
もうひとつ 「華厳寺」にも行くつもりでしたので
遠い 華厳寺から行くことにしました

しかし 結局 時間も遅くなって 松尾大社はあきらめることに・・・
ここには 昭和を代表する作庭家 重森美玲の庭園があり、
数年前に 私は一度見たんですが もう一度ちょっと見てみたかった・・・

一緒に行った友人は この辺りは 初めてだったので
庭より こっちかなと思って 勧めてみたのが「華厳寺」です
こちら 別名「鈴虫寺
手作り感満載の 駅からの道案内の看板にも 「華厳寺」ではなく
鈴虫寺」の文字が・・・ 

こちらのお寺、何も知らずに 数年前に行ったのですが
中に入ると いきなり 行列に並ばせられます
今回も 行列です


      kegonnji.jpg
      ボケちゃいましたが この座敷の中に 鈴虫が・・・


なんと 中の座敷で お坊さんの説教を聴くことができるお寺なんです
お茶と お茶菓子まであります (もちろん拝観料500円を払いますよ
今回は ちょっとタイミングが悪く 20分ほど待ちましたが
待っている間も 中から お坊さんの声が聞こえますので
一日に何回も行われているようです
おそらく お坊さんも交代制なんでしょうね、以前来たときとは違う方でした
うーん、前回のほうが よかったかも・・・

そして 部屋に入ると 真っ先に飛び込んでくる 鈴虫の音色
奥に 鈴虫が飼育されているガラスケースが 6個くらい?ずらっと並んでいます
最初 絶対スピーカーで 音をわかりやすく拡大していると思ったくらい、
かなりな音量で鳴いてます
しかし 説法のあとで ガラスケースの近くまで寄って 中を見てみると・・・・
虫嫌いの人には おススメできないくらい 高密度
鈴虫さんたちがいらっしゃいます
1ケースに 千単位でいるらしい・・・
スピーカーなんぞいらんわい!って カンジですね、失礼しました

ちゃんと管理して 1年中 鈴虫が鳴いている状態なんだそうです
私は 秋にしか来ていないので 違和感はまったくありませんが
桜の季節に 鈴虫って どんな感じなんでしょうねぇ・・・

お坊さんのお話が聴けるのもあって 連日大人気だそうです
でも やっぱり行くなら 秋の平日がおススメ
お願いを ひとつだけかなえてくれる お地蔵さんもいらっしゃいます 


鈴虫寺には 人がいっぱいいましたが 
それでも この辺りは 嵐山よりはかなり少なめ
嵐山だけで一日はもったいないので こちらに足を伸ばしてみるのも 
おもしろいかもしれません

ちなみに 苔寺として有名な「西芳寺」もこの近くなんですが
予約が必要なので 要注意です



京都の紅葉 この週末あたりが 一番見ごろをむかえそうですね
それでも 私が一番よかった京都の紅葉スポットは 
去年見た 叡山電車からの夜の紅葉
電車からの眺めだから 一瞬だけどね






お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

にほんブログ村

 
関連記事
Trackback(0) Comment(4) 
Category:お出かけ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.11.20(Sun) 22:34
こんにちは ジョルです
今日はまた いいお天気で あったかいですねぇ

さて 嵐山散策の続きです

「常寂光寺」の次は 「二尊院
こちらは 天台宗のお寺だそうな

入り口を入ると 広くてまっすぐな階段があり、その両脇に紅葉が広がります
(ここの紅葉も まだだったので 写真はありません・・・)
ここは 「紅葉の馬場」といって 有名な紅葉の名所らしいです
うーん、こりゃ絶対 紅葉してたらキレイだわ と
確かに納得できるような きれいな参道でした

本堂に入ると 小さな庭園がありました


nison.jpg


nison2.jpg


本堂の中に 「法然上人足曳御影(ほうねんしょうにんあしびきのみえい)」という
掛け軸がありました
これは 法然の御影(肖像画)としては最古のものだそうですが、
本物は かなり損傷しているようなので もちろん複製でしょう
(しかも 重文ですからね

この絵の 名前の由来は
法然上人に 肖像画を描かせていただくようお願いしたが 
上人は謙遜して許可しなかったため、
浴後のくつろいでいる姿を 物陰からこっそり覗いて描いてしまった(ストーカー?)
後に 上人がその絵をご覧になり 自分の足が裾からはみ出しているのに気付き、
非常に恥ずかしく思い 「南無阿弥陀仏」と唱えたところ、絵の中の足が引っ込んだ
というエピソードから きているらしいです

こういう ムチャクチャな話、とっても  好き



nisonmon.jpg


こちらは 「勅使門」 
文字通り 天皇からの使者を迎えるための門です
本堂の中には ここの僧侶が御所に行くときに使用した駕籠も 展示されていました
ここから 御所は遠いなぁ・・・担いでいくの大変・・・


この後 「祇王寺」に行く予定だったのですが
飲食店などの出現に 心を奪われているうちに
なんと行き損ねてしまいました

今回 嵐山に行くことに決定したのが 阪急京都線に乗ってからという
行き当たりばったり的な行動が 敗因でしたね・・・
友達と 京都へ行くことだけを決めて 予定をくんだので
下調べ いっさいナシ

その後 野生のカンを頼りに ぐるっと大回りをしながら 
嵐山メインストリート(?)まで戻り、
おしゃれな外観に惹かれて 「鯛匠 HANANA」というお店でランチ

「鯛茶漬け御膳 ¥2,000」 を おいしくいただきました 
やっぱり 京都だから ちょっと フンパツ


     nisonnmon2.jpg
     一階のテーブル席(4つ) 
     他にカウンター席と 2階にも席があるみたいです


お店に入ったときには 満席だったんだけど
食べ終わって くつろいでいたら お客さんは殆ど帰ってしまいました・・・
鯛茶漬け 初めて食べましたけど おいしかったです

さてさて まだまだ続きますよぉ 




お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

にほんブログ村

 
関連記事
Trackback(0) Comment(4) 
Category:お出かけ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2011 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。