dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.01.31(Tue) 14:27
こんにちは ジョルです
日本海側の大雪、早く止むといいのに・・・


つまみ細工の花、とりあえず 小さいほうだけ作ってみました


  20120131135727.jpg



単品だと寂しいので 以前作った2つと並べてみました
一番手前の薄紫のが 今回作った「雪割草」です

ちなみに 黄色いのが「福寿草」、赤いのが「オダマキ」です

今回のは 花びらが 大小二段になっているのですが
そこが きれいに重ならなくて 難しかったです・・・

やはり 数回やったくらいでは あまり上達しないですね
相変わらず 手はボンドまみれだし・・・

でも こんな薄紫色は ちょっと春らしくて好きです 



 ※※※ このつまみ細工のお花は フェリシモのキットです 
        興味のある方は ことらからどうぞ  ※※※
  

フェリシモ「コレクション」(頒布会)



お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana


 
関連記事
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(4) 
Category:その他 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.01.30(Mon) 14:04
こんにちは ジョルです
寒くて なかなか コタツから出れません・・・


フェリシモのキットで作っている 「つまみ細工のお花」、
最近 さぼり気味なので 2回分溜まってしまいました
(変更しない限り、毎月1つ送られてくるので)

今度作ろうと思っているのは 「雪割草」


yukiwa.jpeg


こんな花らしいです
・・・と 言い切ってしまいたいところですが
色々な品種があるようで かなり バリエーション豊かです
検索すると 実に様々な「雪割草」が出てきます

確かに 最近は たとえばチューリップといえども
いろんな 色や形のものが ありますからね


セットされている布は 薄い紫系の2枚のちりめん

まず この布を 何枚かの小さい正方形に 
切っていかなくてはいけないのですが
そこが 一番面倒くさい
切ってしまえば あとは 折って土台に貼り付けていくだけなんですけどね

型紙を当てて 線を引いていく地道な作業が なんか楽しくない
そういうところを きちんとすると
きっと 仕上がりに差ができるんだろうなぁ・・・とは 思うんですが・・・

やりだすと早い私ですが さて どうなることやら・・・



お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana





 
関連記事
Trackback(0) Comment(2) 
Category:その他 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.01.28(Sat) 18:09
こんばんは ジョルです
息子のコートのボタンが取れたというので 早速つけてあげたら
その下の ポケットまで縫い付けてしまいました・・・


今日 兵庫県立美術館の近くを 通りかかったら
美術館の屋根が こんなふうになっていました



20120128100749.jpg

てっきり カメレオンかと思ったら カエルだそうです

名前もちゃんと付けられていて 「美かえる(みかえる)」という名前に
最近決まったらしい(12月末)
オランダ人アーティストによる作品だそうです
うーん、確かに ミッフィーちゃんの国の色使いかな

去年の秋に開催された「神戸ビエンナーレ2011」のときに
登場したのは知っていたのですが、
その時だけかと思いきや、
これからも 美術館のシンボルとして
屋根に鎮座しているそうです

いやぁ 結構遠くからでも目立ちますね
こちらの美術館、安藤忠雄氏による設計で
オシャレなんですが、ちょっと地味ですから
いい目印になります

でも ちょっと近づいてよく見てみたら わりと軽そうなので
台風のときとか、大丈夫なのか ちょっと心配

こんなカエルが 大空を舞っているのも
悪くはないんですがね、
ちょっとキケンですから 舞わないでいただきたいですね




お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 



 
関連記事
Trackback(0) Comment(8) 
Category:お出かけ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.01.26(Thu) 14:09

こんにちは ジョルです
この寒い中 ファンヒーターの灯油が切れてしまいました
ベランダに出て入れねば・・・


あんまり寒いので 玄関だけでも
春っぽくしてみました


20120126125325.jpg


個人的に うさぎが好きなので
特に意味もなく 置いてみたりしてます

まずは 桜じゃなくて 梅とか 桃とかじゃん!
とは思ったんですが
気持ちが先走ってます



ひさかたの 光のどけき 春の日に
          しづ心なく 花の散るらむ



春が一番好きです











え?そんなことどうでもいい?
こりゃ失礼いたしました

     



お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 




 
関連記事
Trackback(0) Comment(10) 
Category:日々の中で 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.01.25(Wed) 20:12
こんばんは ジョルです
今日は 思いっきり寒かったですね

そんな寒い中、珍しく 現代アートを堪能してまいりました



◆キース・へリング展 ~アートはみんなのもの~ ◆


   伊丹市立美術館  1月21日(土)~ 2月26日(日)
                 
伊丹市立美術館は1987年11月、先行の財団法人柿衞文庫の建物を増築し共同利用する形で開館しました。旧石橋家住宅・旧岡田家住宅(国の重要文化財)や柿衞文庫などがある一角「みやのまえ文化の郷」内にあります。




キース・へリングは 1980年にニューヨークの地下鉄構内で
使用されていない広告掲示板に黒い紙を張り、
その上にチョークで絵を描くという
サブウェイ・ドローイングと呼ばれる活動で有名になりました


キース・へリングの名前を知らなくても
こんな絵には 見覚えがあるのではないでしょうか?



       20120125154432.jpg
       今回のポスター


この 四つん這いの人の絵、やたら出てくると思ったら
彼のロゴマークみたいなもので
「Radiant Baby(光輝く赤ん坊)」
というそうです
この線は 光なのかぁ

彼の絵には よくこんな線が描かれているので、
それが 動きみたいに見えて
ビビッドな色と相まって 元気な気分になれます

hering.jpg

現代アートといっても 普通に 絵は可愛いし、
字も 絵とすごく 合ってるし、
シンプルだけど、いろんな表現ができて
おもしろかったです
ちょっと お腹にコブをつけると 妊婦さんにもなっちゃう

お腹に 丸く穴が開いている人も 
彼の絵に よく出てくるモチーフなんですが、
ジョン・レノンの殺害事件をイメージしているそうです・・・


正直 あまり キース・へリングってよく知らなかったんですが、
生きている時代は 当然自分とかぶっているし、
東京にも何度か来ていて
青山のほうに お店もあったらしいなんて聞くと
随分 身近な人に感じました

アートはみんなのもの - 単純化された形や色に 自分のメッセージを込め、
限られた人だけでなく、多くの人が楽しめる芸術を目指すがゆえに
次々に量産される贋作に 悩まされることもあったそうです
でも はっきりとした 自分だけの世界がそこにはあるし、
このキース・へリングの世界は 
私にとって 予想以上に とってもキュートでした
 




*** 今回のチケット代は・・・800円でした ***



お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 



 
関連記事
Trackback(0) Comment(4) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2012 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。