dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.07.30(Mon) 13:59

こんにちは ジョルです
風呂上りの牛乳イッキ飲みが おいしい季節です
ビールきらいなんだもの


さて 前回の記事の最後にかました質問、
つかえんまい」という 富山弁の意味とは・・・

「差し支えあるまい、大丈夫」という 意味でしたー
わりと 普通だったでしょ?

しかし私は別に富山出身でも 富山在住でもありません、
むかーし 数年住んでいたことがあるだけです
エラそうに質問したりして ごめんなさい

と 謙虚な姿勢を見せつつも 
今日はこの流れで さらっと更新しちゃおう、
などと思いついてしまいました
ま、それもまた つかえんまいってことで

というのも 今日の私のお昼ご飯・・・


  13436181219731.jpg


旦那が以前出張で富山に行ってきたときの お土産、
氷見牛カレー」だったので。

氷見(ひみ)は富山湾に面した漁港のある街で 
寿司とか食べに行ったりするようなところなんだけど
まさか ウシまでいたとは


  13436181307202.jpg
  結構 肉がゴロゴロ入ってます


  13436181039890.jpg
  ここにも富山弁が・・・
  「あつくしてお食べなさいよ」みたいなことですね


そんなわけで おいしく氷見牛カレーをいただき、
腹いっぱいで寝そうになりながら 今こうして記事を書いているんですが
これで終わっては お気楽主婦の簡単手抜きのさびしい昼ごはん記事
にしかならないので
これから 無理やり美術記事にもっていくという、
このブログではもはや 常套手段ではありますが ここで
富山県立近代美術館の紹介をしようと思います 
(おおっ、我ながらなんと素晴らしい展開だ)


もちろん私も行ったことありますよー、7年ほど前ですが・・・・
だってここには マグリットの「真実の井戸」がありますから
画像は調べてみてくださいね、(出た、秘技「まる投げ」)
また タイトルとの大きなギャップに 悩まされることと思います

他にダリやピカソ、ミロ、ロートレックなど 20世紀初頭の近代美術作品、
シュルレアリスム作家の作品が多く所蔵・展示されています

私が行ったときは 西町という以前繁華街だったところから
徒歩で行きましたけど
今は 「富山ミュージアムバス ぐるりん」という 
無料のバスが駅前から出ているらしいです
駅からは南にほぼ一直線(国道41号線)なので 場所は わかりやすいんですが
徒歩だと ちょっときついでしょうね

最近まで知らなかったのですが 「富山県水墨美術館」という美術館もできたそうで
次に富山に行くときは ぜひこちらにも 行ってみたいところです
富山の街も 随分変わったことでしょう





 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 

 
関連記事
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(2) 
Category:日々の中で 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.07.26(Thu) 23:25
こんばんは ジョルです
先日 マンションの同じ階のおじさまに 
  「えっ、大学生の息子さんがいるの?若いのにそうは見えないねー!」
って言われました

・・・・・・・やったぜ!
社交辞令ってやつを知らんのか  という突っ込みは受け付けておりません


いま巷で 流行り(?)の手芸 「レジン・アクセサリー」を作ってみました



   13433113786760.jpg


またしても フェリシモのキットですが・・・

作ること自体は簡単だったんですが 画像を見れば一発でわかる
大きな過ちをおかしてしまいました


チャームのカン、取り忘れたんです・・・


蝶のモチーフに 丸いチェーンを通したりするための部分が 付いたままなんです
カメラのモチーフを付ける時には さすがにジャマだったので 気が付いたんですが、
その時すでに 蝶はもう固定されていたので どうにもできず・・・

まぁ 初めてだから しょうがないっかー


キットの レジン液が もう1、2個分くらい余ってるので
また作ろうと思ってます

今の季節だと 直射日光で 10分ほどで固まりますね
ほんとに簡単
ただし よく見ると こまかーい気泡、結構入っちゃってますけどね
「まっ、つかえんまい(富山弁)」

さてどんな意味でしょう?





 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 

 
関連記事
Trackback(0) Comment(4) 
Category:手作り 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.07.23(Mon) 16:01
こんにちは ジョルです
昨日 取り込んだ洗濯物に カメムシがはりついてて 気が狂いそうになりました
ダンナのシャツだったのが 不幸中の幸い
うちは23階なんだけど こんなとこまでヤツらは 上がってくるのか・・・


数ヶ所かを巡回するような美術展の場合 大抵の場合、東京(首都圏)が一番
いや、いいんですよ、関西が何番手だろうと・・・
来てくれるだけで 充分 幸せだと思ってますからね
後からのほうが より多くの情報が入ってくることもありますしね

そんなわけで(どんなわけ?)今まさに 東京の三菱一号館美術館でやってる 
「バーン・ジョーンズ展」
先々週でしたか BS-TBSの「ぶらぶら美術・博物館」でも放送されてましたが
とても 楽しみにしている私です
(関西は 兵庫県立美術館で9月1日から)


今回 「日本初の個展」と言われていて 「?」ってなった私
すんごい昔に行ったことあるんだけど・・・?

13430188076990.jpg

ほら 目録もあるでしょ
って 中をよく見てみたら
  「バーン・ジョーンズ   と後期ラファエル前派
だって

私が ふざけてるわけじゃなくて 本当に 「と後期ラファエル前派」の文字が小さい!
しかも 後期だの前派だの いったいどっちやねんと 
突っ込みたいのもやまやまですが
 「ラファエル前派のあとのほうの人たちなんじゃない?」
って 冷静なかたに 怒られてしまいそうなので
これくらいで今日はカンベンしてやろう


私が見に行ったのは 1987年2月・・・25年前・・・
よちよち歩きで見に行ったのかなぁ んなわけあるかい 
多分 電車の中の吊り広告とかで 知ったんだと思うんですけどね、
見に行くまで バーン・ジョーンズ、まったく知りませんでした

しかし 見に行ってみると とても優美でキレイなのに ビックリ
こんなに綺麗なのに なぜ有名じゃないんだろう?
って 25年間思っていたわけです
なので この春 県立美術館で この美術展のチラシを見た時は
とっても うれしかった

出品される作品も 結構同じものが出てくるようなので
うれしい再会を楽しみにしています


13430188461641.jpg
「キューピッドとプシュケ」 1865年


見かけによらず この手のロマンティックな絵が 結構好きなんです
モローとか、クノップフとか・・・
でも 「やっぱり、モロー」とかじゃ ブログ名としても イマイチでしょ?



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 






 
関連記事
Trackback(0) Comment(8) 
Category:美術のお話 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.07.20(Fri) 21:06
こんばんは ジョルです
クマゼミが やかましい
こっちじゃクマゼミばっかり・・・ツクツクホーシが 懐かしい・・・

本当は京都に行こうと思っていたけど
あまりの暑さに 近場にしました (昨日の話です)



◆西洋と出会った江戸美術 ◆


    神戸市立博物館  7月14日(土)~ 9月2日(日)
                 
神戸市立博物館は 各線「三宮駅」下車 徒歩役10分。
旧居留地という、かつて外国人居留地であったこの地域には
風情のある古い西洋建築のビルがたくさんあり、
この神戸市立博物館も 旧横浜正金銀行(現 三菱東京UFJ銀行)神戸支店ビルを転用しています。



現在 神戸市立博物館では

  開館30年記念特別展 国宝桜ヶ丘銅鐸の謎に迫る 
  南蛮美術企画展    西洋と出会った江戸美術  
  古地図企画展     海と陸の「みち」―江戸時代を旅する

という 三つの企画展を開催していて 
しかも クールスポット特別割引で これら全てを200円でみることができます
(まぁ企画展といっても コレクション展なので このお値段なのでしょう)

私は 銅鐸とか銅矛とか あの時代は あまり興味が無いので
南蛮美術企画展と古地図企画展の 二つを見てきました

昨春、こちらの博物館のコレクションが 韓国・ソウル大学校美術館で公開され、
その帰国展として そのときの出品作品や関連作品を含めた約50点が
今回展示されています

何度か見たことのある作品も多かったのですが、
いいものは何度見てもいいし、もちろん初めて見たものもあるし、
200円だし(しつこい?)
人も少なくて じっくり堪能してきました

私のお気に入りの コレにも また会えました

gennai.jpg
平賀源内「西洋婦人図」江戸時代


「南蛮美術企画展」とはいいながらも 今回は南蛮屛風などの展示は無く、
長崎系絵画」と言われる 長崎に来ている中国人から学んだ、
中国風の絵画が いくつかありました

066.jpeg
熊斐「一路功名図」 江戸時代 

「立身出世を一路目指して年を取る」みたなことが左側に書いてあり、
「一路」→「一羽の鷺(さぎ)」(路も鷺も ともに音が「ろ」だから)、 
上方の「シロガシラ(白頭)」という鳥で 年を経ることを 
それぞれ あらわしているそうです
立身出世で 人生終わるのはどうかと思うけど、
こういう 語呂合わせは 楽しいですね

古地図のほうには 期待していた「伊能図」は展示されていませんでした
あの伊能忠敬の地図ですね、ここは持ってるはずなんだけど・・・


「美術品の保護のため、室内温度は 23℃(だったと思う)に
 設定してあります」という 表示があったくらい、
展示室は 冷え冷えです
まさに クールスポット
ベンチで うつらうつらしている おじさんもいたくらいです
近くに住んでいる方には 本当におススメ



*** 今回のチケット代は ・・・200円でした! ***



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 






 
関連記事
Trackback(0) Comment(2) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.07.17(Tue) 08:23
こんにちは ジョルです
コーンフレークは 牛乳を注いで、なにかひと仕事してから食べる主義です
パフェに入ってるのは許せない
限界まで牛乳を吸った ぐちょぐちょのやつが好き


先日の上村淳之展のあと、もうひとつ行ってきました



◆KATAGAMI style ~もうひとつのジャポニズム◆

   京都国立近代美術館 7月7日(土)~ 8月19日(日)



 京都近代美術館は岡崎公園内にあり、建物はプリツカー賞建築家 槇文彦による設計で1986年(昭和61年)に竣工しました。京都を中心に関西・西日本の美術に比重を置き、京都画壇の日本画、洋画などを収集、展示し、河井寛次郎の陶芸、染織など工芸作品のコレクションも充実しています。




春に帰省したときに 東京展のポスターを見て 気にはなっていたんですが
いまひとつ このタイトルからは どんな美術展なのか、
イメージが掴みにくくて・・・
でも ほかの美術ブロガーさんの記事とか読んでみると
ちょっと 面白そうだし、
京都市美術館まで行くのだから ついでにってことで
だって 国立京都近代美術館は 京都市美術館の 真正面なんですから


入ってみると なんと上村淳之展より人が多い!
えっ、みんな こっちなの?


アールヌーボーにおける 日本美術の影響については
すでに認識があったものの、
その原点が 伊勢型紙などの染色用型紙だということに着目した、
ちょっと珍しい美術展です

確かに 日本の浮世絵に出てくる女性の着物の柄や模様などは
こういった染色用の型紙から作られているわけですもんね
(今回の「型紙」は 洋服などの型紙ではなく、いわゆるステンシルみたいなもの
 和紙を重ねた紙を切り抜いて 布地を染めるのに使用します)
三重県鈴鹿で生産されている「伊勢型紙」というのが この主流だったようです


実際の伊勢型紙が 何枚も展示されていましたが
やはり 細かい!繊細!デザインが粋!

これが あのウィリアム・モリスのデザインや リバティ・プリントに
多大な影響を与えているというのは
なんとも 不思議というか、日本ってすごいなぁと 改めて感じます


  katagami.jpeg

  この型紙が 海を渡ると こうなります

  img03.jpeg


アルフォンス・ミュシャのポスターや エミール・ガレ、ルネ・ラリックなどの
いろいろな作品が 関連付けて 展示されていて、
約400点という展示数の多さと 幅広さは かなり見ごたえがあります

しかし ここの美術館は 展示室には ほとんど椅子がないんですよね・・
途中に 休憩所みたいな一画が あるにあるんですが
作品を観ながら くつろげるスペースがないのは
ちょっと残念です



*** 今回のチケット代は ・・・900円でした! ***
  正規の価格では当日券はなんと1400円・・・ありがとうチケットショップ! 



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 





 
関連記事
Trackback(0) Comment(6) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2012 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。