dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.04.24(Wed) 15:10
こんにちはジョルです
旦那が酔っ払って帰ってくると いつもコタツでそのまま寝てますzzz
今朝気付いて 寝室のふとんに入ったのは 朝5時だったそうな・・・
若い頃はそんなことなかったんだけどなぁ・・・
灯りもテレビもつけっ放し?電気大事にしなさいよまったく


さて 広重の謎と言えば まずはこれですね

  「広重は東海道を実際に旅したことがあるのか

広重は幕府の行列(御馬進献の使)に加わって上洛する機会を得て この経験をもとにして
「東海道五十三次」を完成させた
・・・というのが昔からの定説だったのですが
最近では 「やっぱり行ってないんじゃないの?」という説も有力になってきているようです

まず 当時さほど有名な絵師でもなかった広重が なぜ幕府の重要な仕事に同行できたのかという謎
そして もし同行したとしても のんびりスケッチしている時間は取れなかったでしょう
他にも 広重が参考にしたのではないかと思われるような作品の存在も いくつか確認されています
(でも司馬江漢図はちょっとアヤシイ・・・)

私も この絵のための取材旅行としては行ってないんじゃないかなとは思っています
もちろん プライベート(?)で多少行った部分とかもあるでしょうけど

それから 私が個人的に気なるのは この絵


  hirosige_kanbara.jpg
  歌川広重「東海道五十三次 蒲原」


この「蒲原」というのは 今の静岡市内なので この雪景色は明らかにおかしい
(ちょっとした積雪っていう程度じゃないもんね、ゴーセツに近い・・・)
私なんて正直 この「蒲原=雪」で 東海道五十三次であることも忘れて
ああ、蒲原郡ねーなんて 納得してましたから・・・
新潟県北蒲原郡というところに旦那の親戚が何件かあったので
「蒲原」の地名に聞き覚えがあったし 雪もあるし、
すっかり新潟をイメージしてたんです

まぁ すぐ 東海道なんだから新潟はないということに気付きましたけど
東海道にも雪が深いところがあるんだなーくらいに 思ってました
あとで やはりこの雪はありえないっていう話を聞いて
やっぱり 新潟と間違えてるでしょ?って 個人的には思ってるので
私は 広重は実際には行ってないと思うんですね
はい、ついに言いきっちゃいました



では 更なる広重の謎、次は版元つまり出版社についてです

広重代表作とも言える「東海道五十三次」は 1833年に保永堂(ほえいどう:竹之内孫八)と
僊鶴堂(せんかくどう:鶴屋喜右衛門)から共同出版され、
のちになぜか保永堂の単独出版となりました
僊鶴堂は当時かなり大手の版元で 保永堂のほうは小さな版元に過ぎなかったそうです
なぜ途中で 僊鶴堂は手を引いたのか?
また この保永堂版・東海道五十三次が 大ヒットしたにもかかわらず、
その後 広重と保永堂がいっしょに仕事をすることがなかったのは なぜなのか?


今回の「広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展」では そんな謎にも触れていて
ちょっと見識が広がりました
浮世絵の中にも そんな版元のコマーシャルが入っていたり・・・
絵画って ボーっと眺めていただけでは気が付かないことが多いですね!
いつまでも勉強しないといけませんね、子どもに勉強しないさいって言ってる場合じゃないかも!?


※タイトルの通り、昔は確か「安藤」広重だったよねーって思っていたら
安藤が本名で広重が号だから 「安藤広重」は不自然ということで
「歌川広重」が一般的になったらしいです

 



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana



 
関連記事
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(2) 
Category:美術のお話 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.04.19(Fri) 13:40
こんにちは ジョルです
ついにハダシの季節到来!と思ったものの また寒かったりして
ひっぱり出したサンダルも また引っ込めねば・・・
ペティギュアもしたのに・・・


美術館ではありませんが 堺市立東文化会館文化ホールまで行ってきました



 ◆広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展 
             ~歌麿・写楽から幕末バラエティーまで~◆

   堺市立東文化会館文化ホール  4月6日(土) ~ 5月12日(日)


 質の高い芸術文化の鑑賞機会などを提供する施設として、音楽性を重視した401席の「メインホール」、全国的な巡回展にも対応できる「ギャラリー」、練習や小規模な公演に利用できる「フラットホール」を提供しています。

 


ちなみに 堺市立文化館というのもあって ミュシャ館などはそちらにあります
ややこしい・・・・


ながーいタイトルですが とても判りやすいですね、そのまんまです
浮世絵の主題としては かなりメジャーな”東海道五十三次”

これに関しては 歌川広重のものが一番有名で 目にする機会も多いんですが、
今回の展示では それに併せて 「東海道五十三次」より20年ほど後に作成された
おなじ広重の「五十三次名所図会」と 葛飾北斎の「東海道五十三次」、
そして大正時代の風景写真
この4枚を 各宿場ごとに展示するという ちょっと面白い趣向になっています

たとえば ”品川”ならば 広重の品川宿の作品2枚、北斎1枚、写真(モノクロ)1枚、
計4枚が ひとまとめになって展示されており、
その4枚セットが  江戸から順に京都まで 宿場ごとに展示されているわけです


  hirosige_Shono.jpg
  歌川広重 「東海道五十三次 庄野」


こちらの絵などで知られる有名なシリーズは 広重の「東海道五十三次」で
「東海道五十三次名所図会」のほうは あまり見覚えがありません
また 前者は全て横長の構図ですが 名所図会のほうは全て縦長で 
俯瞰図がほとんどなので 正直 あまり面白みというか 魅力がないような気がしました


  hirosige02.jpg
  歌川広重 「東海道五十三次名所図会 神奈川」


また北斎の「東海道五十三次」は 広重のものより30年ほど前に製作されており、
大きさが小さく、風景というよりは 人物に重点が置かれています


  hokusai_sinagaw.jpg
  葛飾北斎 「東海道五十三次」


うーん、こちらは なんといっても小さくて地味でしたね
広重作品の半分もないくらいの大きさなので・・・


また このシリーズ以外にも 歌麿の美人画、国芳の妖怪画、写楽の役者絵など 
浮世絵の王道(?)とも言えるような作品もありましたし、
ゴッホが模写した広重の浮世絵と ゴッホの模写(もちろん写真ですが)を並べて展示するなど
ありそうでなかった展示もあって なかなかの見ごたえでした


  ukiyoe_gogh.jpg
  ゴッホの模写による 名所江戸百景「大はしあたけの夕立」


これでなんと 500円!
いやー、地味にいい仕事してます 堺市!
(あんまりポスターとか見かけなかったので

今回の展示では さらに「広重の謎」にも迫っていましたよ!
それについては また次回!

    



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana






 
関連記事
Trackback(0) Comment(2) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.04.15(Mon) 06:50
こんにちは ジョルです
久しぶりに私でもわかるぐらいの揺れを感じた地震でした
ちなみに 午後の余震には気がつかず・・・


東京展に行かれた方にとっては「今頃?」って突っ込まれそうな
「ボストン美術館 日本美術の至宝」に行ってきました



ボストン美術館 日本美術の至宝

    大阪市立美術館  4月2日(火)~6月16日(日)
   
 美術館の所在地は住友家本邸のあった場所で、住友家から美術館の建設を目的に日本庭園「慶沢園」とともに敷地を寄贈され、1936年(昭和11年)に開館しました。
 代表的なものに、中国書画の阿部コレクション、中国石仏の山口コレクション、日本の蒔絵、根付、印籠等のカザール・コレクション、日本古美術の田万コレクションなどがあります。




東京、名古屋、福岡ときて 大阪が最後
やっときたかいというカンジです・・・


最初の展示室は 平安・鎌倉期の仏画ということで かなり照明が落としてあって神秘的
それでも かなり傷みが激しくて見づらい作品もありますが
よく考えてみれば ほぼ千年近くも前の絵ですから
こうして残っていることさえ 奇跡な気もしてきます

そんなに混んでいたわけでもないのですが 絵巻の展示だけは
どうしてもガラスケースに張り付いて 一列に並ぶようにして見ていくので
そこだけは激混みになっていました
なのでせっかちな私は 列のすきまを見つけては ちょこちょこと覗き見です


  makibi.jpg
  「吉備大臣入唐絵巻」(部分) 平安時代・12世紀後半


こちらは 遣唐使として唐へ渡った奈良時代の学者・吉備真備が、
唐人の難問に 不思議な力で立ち向かうという物語を絵画化した作品なのですが
そんな昔の作品とは思えないほど 人々が生き生きとしてユーモラス
特にそれを象徴しているのが 帽子の纓(えい)の動きです
あるときはだらりと下がり、またあるときはピンとはね上がって、人物の気持ちを表しているところなんて
まさに現代のマンガみたい
どんどん続きが読みたくなる、展開の上手さもさすがです


中盤には 狩野派、琳派、そしてあの伊藤若冲も登場!


  rakan_jaluchu.jpg
  伊藤若冲「十六羅漢図」(部分) 江戸時代 18世紀後半
  

墨の濃淡や筆の使い方まで、まぁいろんな技巧のオンパレードですね
今回一緒に展示されている「鸚鵡図」の緻密さとは また全然違います


そして最後は 曽我蕭白

  daragon_shohaku.jpg  曽我蕭白「雲龍図」 1763年


胴体部分が一部欠落していますが それでもこの迫力!
(あえてこのブログの横幅も無視してみました)
豪快でありながらも計算されつくした筆使い、凝った背景描写とは対照的な
すっとぼけた龍の顔が最高です


人は若干多めですが 大きい作品が多いので ゆっくり鑑賞することが出来ます
「雲龍図」はやっぱり必見!





*** 今回のチケット代は ・・・1280円でした! ***
  当日料金は1500円 いつもの激安チケットショップも前売り1300円から20円しか引かない強気ぶりです・・・     



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana





 
関連記事
Trackback(0) Comment(6) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.04.10(Wed) 23:30
こんにちは ジョルです
今日の この記事、一回ほとんど書き終えた時点で 誤って消してしまい、
今 吐きそうになりながら もう一度書いています・・・・
途中で保存しとくべきだった・・・・



◆ とら・虎・トラ ◆

     西宮市大谷記念美術館 4月6日(土)~5月19日(日)

 西宮市大谷記念美術館は、西宮市が故大谷竹次郎氏(元昭和電極社長・現社名エスイーシー)より、土地建物、美術作品の寄贈を受け、そのコレクションを広く一般に公開するため、1972(昭和47)年11月に開館した美術館です。
 日本近代洋画、近代日本画、フランス近代絵画を中心としたコレクションに加えて、阪神間を中心とする地元作家や版画の蒐集にもつとめています。



西宮にある「甲子園球場」にちなんで 「虎」に関する作品を集めた展覧会です
(結構ベタな発想だけど・・・)

みなさーん、甲子園球場って 大阪にあると思ってませんかー?
はい、私もそう思ってましたー
ところがどっこい(最近あんまり聞かないね、こんなフレーズ)兵庫県西宮市にあるんですよ これが!
まさか自分がその近くに住むことになろうとは
まー、お釈迦様でもご存知あるめぇって・・・これも死語?

そんな昭和の香りが良く似合う 昔の甲子園のポスターや写真の展示から始まる今回の展覧会ですが
そこは あまり野球に興味はないので 軽くスルーして 二階の展示室へ

二階に着くと 展示室に入る前からもう眼に飛び込んできました
(なんせ目立つので・・・)


  rosetu_t.jpg
  長沢芦雪 「龍図虎図襖」1786年


これこれ、これが見たかったんですよー
(和歌山のお寺が所蔵しているので そこまで行かなきゃいけないかと・・・)
こんな近くの美術館で見ることができて まさに感動です
対になる「龍図」と並んで展示されているのですが どうもこちらに眼が行ってしまいます
虎がこちらに向かってくるような迫力のせいでしょうか
(ちなみに 龍図のほうは どちらかというと幻想的)

しかしこの時代、まだ実物の虎は誰も見たことがないので
どことなく猫っぽくて かわいい

しかし 残念ながらこの作品は 前期(23日まで)のみの展示ですので 要注意!
とはいっても 後期には 伊藤若冲が出ますから またこちらも見逃せませんねぇ


他にも 円山応挙、狩野探幽、久隅守景など 豪華な(!)虎図が並んでいます
特に 久隅守景は現存する作品が少ない画家なので貴重ですね


次の展示室には「長崎派」と呼ばれる画家たちの「虎図」が展示されています
こちらは かなり中国の影響を受けた作品が多いんですが
中国の人も やっぱり虎、見たことないんじゃ?・・・っていうカンジの絵が多かったですね
ある意味、とても面白い虎に出会えます


最後の展示室では ついに(?)虎らしい虎に会うことが出来ました


  seihou_t.jpg
  竹内栖鳳 「雄風」1940年


竹内栖鳳は 動物を多く描いた画家だけあって さすがですね
本当に生き生きとした虎です
屛風に この画風で虎っていうところが なんだか逆にすごく新しい感じがしました


本当に 絵画に関しては「虎」だけで とてもシンプルでありながら 楽しめた展覧会でした
後期もできれば行ってみたいです






*** 今回のチケット代は ・・・800円でした! ***
     



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana









 
関連記事
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.04.05(Fri) 18:00
こんにちは ジョルです
昨日慣れない新しい靴で歩き回ったせいか 今日右足のすねが痛い
息子たちにかじられてるせいか?
どんな歩き方してるんだか・・・

今週の月曜日(ああっもう金曜日だよ)、ハーバーランドセンタービルで開催されている 
フェルメール・光の王国展」に行ってきました


これは 2012年にフェルメールセンター銀座で開催されたもので
フェルメールに魅了された分子生物学者・福岡伸一氏総合監修のもと
現存する全フェルメール作品37点を最新のデジタルマスタリング技術によって、
約350年前に描いたであろう色調とテクスチャーを推測して、
原寸大で所蔵美術館と同じ額装を施して展示したというものです
こうして再現された作品は リ・クリエイトと呼ばれています


したがって 入り口のところに わざわざ
 「本物ではありません」
という注意書きがありました


  13648702359870.jpg


本物来てたら こんな地味なことあるかい!って突っ込みたくなりますね・・・

私としても正直 そんなことにどんな意味があるというのか?という疑問もあったのですが、
近いし ハーバーランド最近行ってないけど 確か新しいショッピングモールできるんじゃなかった?
ということで 行ってみることに

まず ハーバーランドセンタービルって どこ?って思っていたら
以前「ビーズキス」とか「ファミリオ」とかになっていたビルでした

この辺り どうもあまりお客さんが来なくて お店が長続きしないようです・・
阪急も撤退し そのあとが新しいショッピングモールになって 今月18日にオープンするらしいです
私はこの辺り 好きで結構子どもと来てたりしてたんだけどなぁ


さて フェルメールも やはりそれほど人は多くありませんでしたが
春休みということで お子さん連れが結構多かったです
美術館よりも気軽な感じですしね (お値段は全く気軽ではなかったですけど)

作品は年代順に並んでいて 広々していて見やすかったです
37点しかないので 見覚えのないものなんてないんじゃないかと高をくくっていたら
結構知らない作品 ありました

確かに 盗難されて現在も行方不明の作品とか、門外不出の作品とか、
絶対に見られないものでも こんな形であれば なんとなく見た気になれるかな?
画集で見るよりは確かにいいけど・・・

時代も地域も超えて その絵を描いた画家や その絵の前に立ったたくさんの人と同じ空間を共用する、
そんなことも絵を見る楽しさの一つだと 私は思います


とはいっても 「デルフトの眺望」は ホント空が大きいなぁ!
なんて感動しちゃったけど

最後にこんなコーナーまでありました



  13648702461321.jpg

  13648702587962.jpg
 

あなたもターバンを巻いて フェルメールの絵になってみませんか・・的な?
うん、やっぱり誰もいなかったけど・・・


今度はフェルメールセンター銀座で 北斎版やってるみたいです
北斎でやる必要・・・あるのか?

私だったら この作品をリ・クリエイトにリクエストしたい


  20100424_622182.jpg
  ジャック=ルイ・ダヴィッド「皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式」1805~07


この絵、なんと6m×9mもあって ルーブルまで行かないと見られないから
本物じゃなくても きっと迫力あるだろうなー






*** 今回のチケット代は ・・・1000円でした! ***
     



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana


 
関連記事
Trackback(0) Comment(4) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2013 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。