dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.12.30(Mon) 13:14
こんにちは ジョルです
今年も一年間ありがとうございました


早いもので 今年もあと一日になってしまいましたね!
たいしたこともしていないのに 毎日があっという間のような気がします

今年もこんな だらけきったブログにお付き合いいただきまして
本当にありがとうございました
来年も今年以上にだらけきったブログになるかもしれないという不安はぬぐい切れませんが
どうかまたお付き合いくださいませ

なんと今年行った美術展は42回
こんなことに現(うつつ)を抜かしていられるという幸せに 本当に感謝したいと思います
毎日が無事過ごせるということは 本当に素晴らしい
もちろん小さな悩みはたくさんあって 何度も心が折れてますけど
折れても折れても ポッキリ折れて切れないよう 柔軟にしなやかに
また一年、へらへらと過ごしていきたいと思います
ちょっとだけ 世の中も明るくなってきたような気がするしね!
ちなみに今の悩み事は「予備校生にお年玉はあげるべきか否か」
大学生だったらもうあげないんだけど 
予備校生には少しでも明るい出来事を提供してあげたい気もします


去年の今頃、ブログにどんなこと書いたかなー?って思ってちょっと確認してみたら・・・
やっぱり くだらないことしか書いてませんでした
うーん、成長してないなー(三児の母だというのに)
カラダは横に成長してるけど







 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana



 
関連記事
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(2) 
Category:日々の中で 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.12.21(Sat) 21:25
こんにちは ジョルです
三男への「サンタの真実」カミングアウトが比較的早かったのは
末っ子であるがゆえの不幸であったことは事実です
親もいい加減めんどうになってくるのよね、これが


紅葉もほぼ終わり 寒さが身にしみる京都に行ってきました



◆皇室の名品 ー近代日本美術の粋◆

   国立京都近代美術館   11月9日(土)~ 1月13日(月・祝)


 京都近代美術館は岡崎公園内にあり、建物はプリツカー賞建築家 槇文彦による設計で1986年(昭和61年)に竣工しました。京都を中心に関西・西日本の美術に比重を置き、京都画壇の日本画、洋画などを収集、展示し、河井寛次郎の陶芸、染織など工芸作品のコレクションも充実しています。




ここ数日、あまり天気の良くない日が続いていて この日もどんよりよした日でしたが
美術館の中には 結構大勢の人が
「皇室」と聞けば「お宝」の気配がハンパないですからね

美術品というよりは 工芸品がメインかなと想像していましたが
なかなかバランスのいい展示でしたまさかの上から目線?
工芸品も好きなんですけど ついつい細かい細工とかに見入ってしまうので、
あんまり数が多いと疲れちゃうんです


    13122101.jpg
    並河靖之「黒地四季花鳥図花瓶」 1899年


この模様は 筆で描いた絵じゃなくて 七宝でできてるんですよ!
すごく繊細で めっちゃキレイ
地の黒色もとても深みがあって 桜のピンクや葉の緑を更に美しく引き立てます
1900年のパリ万博に出品された作品だそうです


    13122102l.jpg
    上村松園「雪月花」 1937年


題の通り、左から「雪」「月」「花」がテーマになっていますが
特に「雪」がよかったです
御簾から透けて見える髪や衣装、その御簾に添えられている指、手前の雪、
すべてにうっとりです


工芸品は どれをとっても超絶技法で その技術にひたすら感動し、
絵画は 圧倒的存在感で 見るものを飽きさせません
さすが皇室、逸品ばかりです 当然と言えば当然か
後ろにいた見知らぬおばちゃんたちも
 「いいもん見せてもらったわぁ」 「ほんまやなぁ」
とご満悦のご様子でした

今月11日(水)から後期展示に変わったそうで 
しかも結構ざっくり変わったみたいです
もうちょっと調べていくべきだったかな?

メインの展示室のある3階だけでなく、その上の4階にも展示が一部分続いており、
その中には なんと天皇の肖像画もありました
よくよく考えてみれば これはかなり貴重な体験!
スペイン国王の肖像画(昔の)とか、ローマ法王の肖像画(昔の)とかは
今まで 何度も見てるような気がしますけど
明治、大正、昭和の天皇の肖像画が並んでいるんですから!
しかも一枚は あの高橋由一の作品でした(鮭の絵で有名なあの人です)
改めて 高橋由一の凄さに気付かされました
でも やっぱり写真とか見ながら描くんだろうなー、実物を前に・・・なんてないよね
依頼したほうも 思い切ったなー


*** 今回のチケット代は・・・1050円くらい・・だったかな?忘れちゃった! ***




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana





 
関連記事
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.12.15(Sun) 18:15
こんばんは ジョルです
普段ちゃんと掃除しているから 大掃除なんて必要ない!
という ちょっと本来の意味からハズれた持論を 毎日心の中でつぶやいています・・・
こんなんじゃ 年神様も来てくれないかも・・・


うちの夫は「出張の鬼」です

北は北海道から 四国や沖縄、壱岐の島まで、国内の都道府県はほぼ制覇
日帰りはもちろん、年単位の長いものもあります
子どもたちが小さい頃は 青森の長期出張にも一緒に行きましたが(9ヶ月ほど)
大きくなってからは 単身赴任も結構ありました

出張がなくても 酒好きなので普段の帰宅もほぼ遅い毎日

日々「不在」が当たり前になっているので
特に用事のない週末は 自主的に便利屋さんに変身します

  「この週末にやっとかなきゃいけないこと、ある?」

あそこの電球が切れちゃったみたいなんだけどー
(三男)の自転車、なんだか調子悪いみたいなんだけどー
(長男)の部屋のドアがちゃんと閉まらないんだけどー
そろそろお米の精米行って来て欲しいんだけどー(親戚から玄米で購入しているため)
etc.etc.・・・


すると彼はイヤな顔ひとつせず、
さっさとホームセンターへ走り、
マンションの駐輪場に馳せ参じ、
思い米を抱えて(約30キロ)精米所へ担ぎ込みます
あっ、もちろん 一度にこんなにいろんなことは起きませんけどね

ちなみに今週の「お仕事」はコレでした


     13871149471690.jpg
     この写真はもう修理にはいっていますが


トイレの電気のスイッチが壊れちゃったんです
(夫は電気関係の仕事をしているので こういう修理も大丈夫なのです)
マンションなので トイレに窓などあるわけもなく、
電気がつかないと 真っ暗です

一応 懐中電灯なんぞ用意して 一日ほどしのぎましたが
いったいどこを照らせばいいのか よくわかりませんでした

で、昨日めでたく直していただいたのですが・・・・


トイレのスイッチなので 使用中は赤、空いているときは青の小さい電気が点くんですけど
青しか点きません
(使用中は何も点かない状態)
あまり深く考えずに 一番安い部品買って来ちゃったから?

まぁ こんなこともアリですが このフットワークの軽さには いつも感動です
たまに 突然いろんなところを掃除し始めたりするのは ちょっと迷惑困惑してますが・・・

うちの子どもたちにとっては よく聞く、
 「休みの日に テレビばかり見てゴロゴロしているお父さん」
ではなく
 「休みの日は お酒飲んで酔っ払って(?)子どもより早くコタツで寝ちゃうお父さん」
でしょうね

そして そのままそっとしておき、自分だけ布団で寝るやさしい妻です
一応声は掛けますよー
 




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana







 
関連記事
Trackback(0) Comment(0) 
Category:日々の中で 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.12.10(Tue) 22:33
こんばんは ジョルです
昨日 美容院に行ってきました
目の前に置かれた雑誌は「STORY」、「VERY」、「オレンジページ」の三冊
見栄張って 優雅に「STORY」を手に取ったものの 
重いし、読むとこないし、10万もするコートとかバッグとかふざけてるとしか思えないし、
早く「オレンジページ」に変えたかったです
最初からこっちにしときゃよかった


もう12月!と思っていたら いつのまにか それも1/3終わってしまいましたねー
ぼーっとしてたら あっという間・・・

そして12月といえば 長男は就活開始
新しいスーツと靴を買いに行って お店でもらったカレンダーを開けてみたら
なぜか キティちゃんのカレンダー 
なぜなんだ?洋服の○山!
結構大きくて キティ好きにはたまらないかもしれないけどねー、うちじゃ・・・
案の定、長男は「捨てて」って言ってるし、一応 
次男、三男
にも聞いてみますか
「うん、使う」って言われもイヤだな


そういえば 結局竹内栖鳳のネコには会えなかったことを思い出しました


   13121001.jpg
   竹内栖鳳「班猫」1924年


展示替えがあって タイミングが合わなくて見れなったんです
もう一回行こうと思いつつも 結局行けなかった・・・

ところで この絵のタイトル、斑(マダラ)模様の猫なら「斑猫」が正しいんですけど
栖鳳が「班猫」って 自分で書いてるので そのまま「班猫」なんだそうです
うーん、それってやっぱり 間違いなのかな・・・

「班猫」は山種美術館が所蔵しているので また会える機会はあるでしょう
この瞳の色、実際に見てみたいです


この時期、できるだけ私は いただくカレンダーは辞退してます
一年間使うものですから 自分の好きなの使いたいですしね
キティちゃんは・・・夫に実家に持っていってもらおうかなー?
お義母さん、いかがでしょう?



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana








 
関連記事
Trackback(0) Comment(0) 
Category:日々の中で 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.12.04(Wed) 23:27
こんばんは ジョルです
随分長いことブログの更新をサボってましたが
そこは しれっと さりげなく始めちゃいます


開館40周年記念名品展もいよいよ最後の大詰め(?)香雪美術館に行ってきました


 
 ◆ 開館40周年記念名品展:茶道具編 茶人 村山香雪
 ◆

    香雪美術館  11月日2(土)~12月23日(月・祝)

 香雪美術館は 朝日新聞社の創業者・村山龍平が蒐集した日本、東洋の古美術コレクションなどを収藏する美術館として、昭和47年(1972)に設立されました。
 館名の「香雪」は茶人でもあった村山龍平の号であり、春と秋に「企画展」行っています。




    13861439478672.jpg


    13861439596463.jpg



名品展、第4期茶道具編「茶人 村山香雪」です

今までの 第1期絵画編、第2期刀剣編、第3期仏教美術編と 
それらに先駆けて開催された「小倉遊亀 慈愛のまなざし」と 
この5つの美術展に行くと スタンプカードがもらえます


    13801674066591.jpg
    この時点では まだ3つだけど・・・


ついに今回でコンプリート
 
そして記念品をいただきました


    13861439399431.jpg


中身は・・・


    13861439234900.jpg





・・・・
まぁ、やっぱり こんなカンジよね(ハンカチです)


刺繍されている カモさんはとてもカワイイのですが
タオル生地の肌触りが・・・いまいち
写真だと めっちゃブルーですけど 本当はダークグリーンです


肝心の美術展は・・・
ぶっちゃけ 茶道の心得のない私には 今回が一番楽しめませんでした
まぁ予想はしていましたけど

一番面白かったのは「茶杓」


   13120401.jpg


お茶用のスプーンですね
竹を削って作るんですが 竹特有の「節」が有るかどうか、
有る場合はその位置などで呼び名が決まっているそうです
「斑入り」のものもあったり、それぞれ角度や微妙な形の違いがあって楽しい

メイン?とも言える「茶碗」は 私にはよくわかりません
「長次郎」くらいは聞いたことあるんだけど・・・
いい仕事してますねぇ、くらい言ってみたいもんだが

こんな可愛らしいのもありました


   13120402.jpg
   「鴨香炉」 野々村仁清


陶器とは思えない愛らしさ
いただいたハンカチに刺繍されていたのは このカモだそうです


こんな短期間に 5回も同じ美術館に行ったのは初めてかも?
うまくのせられちゃったような気がします
なんたって ほら、あたくしって 根が素直なもんだからねぇ


*** 今回のチケット代は ・・・700円でした ***
   


 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana






 
関連記事
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2013 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。