dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.03.31(Mon) 23:13
こんにちは ジョルです
増税前だからって トイレットペーパーが品薄になるって・・・
特に買いだめもせず、増税後の安売りに期待している私は
賢い主婦には程遠いかもね
いいとも終わっちゃったなー


すっかりご無沙汰しております
ちょっと実家へ帰っておりました

ここ数年 一人で帰省する事が多いんですが 今回は受験の終わった次男といっしょです
二年ぐらいは私の両親とも会っていないので・・・
いかにも入学祝をいただきに行くようなカンジですけどね
実際たっぷりいただいてまいりました

次男に「どこか行きたいところない?」と聞いてみたところ

 「・・・うーん・・・、あさくさでら?」




・・・おいおい、それは せんそうじ(浅草寺)のことかい?
雷門のとこね?
まぁ、関西在住じゃあ、こんなもん? こんなんで大学生になれるのかしら?
でも浅草寺の隣にある「浅草神社」は「あさくさじんじゃ」だしね・・・
寺は音読み、神社は訓読みが多いのよ、
と、ひとしきり 説教を垂れた母でした


そんなワケで 帰省二日目に浅草に行ってきました

あまりいい天気ではなかったけれど、人はいっぱい

二年ほど前に友達と来たときは おみくじ引いたら二人とも まさかの「凶」
この日は なんとか「吉」でしたー
次男は「末吉」←内容見たらほとんど絶望的だったけど
ここの おみくじは結構シビアなのね・・・


そして近くに見えるここを目指しました


    13962729620830.jpg


桜が咲いたらさぞ綺麗だと思われる隅田川を渡り、足元(?)に到着


    13962729726301.jpg


まー、天気悪いし、お金もかかるし、上る気はあまりなかったんですけど←言い訳がましい?
一応 チケット売り場に行ってみたら 40分待ち!

お土産だけ買って さっさと帰りました



関西に戻って 次男は友達に「せんそうじ」に行ったよ!って言ったらしいんですけど
「それどこ?」って返されたらしい・・・
かろうじて「雷門」は知ってたみたいだけどね




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana





 
関連記事
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(2) 
Category:お出かけ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.03.20(Thu) 14:28
こんにちは ジョルです
このブログのメインは美術です
もうお分かりのこととは思いますが テーマはあくまで芸術
まぁわたくしの発する言葉そのものが芸術ということですね
おっほっほっ
他人はこれを戯言と呼ぶ


前回の「海遊館」のあと 近くにある「天保山」に行ってみました
「山」といっても 「日本一低い山」というなんとも胡散臭いふれ込みの山なんですけどね・・・


    13951517814903.jpg


江戸時代、近くの安治川での浚渫工事で出た土砂を積み上げただけみたいです
しかし桜などが植えられて ちょっとした観光地となったそうで
その様子は 浮世絵にも描かれています


    14032001.jpg
     葛飾北斎「摂洲阿治川口天保山(せっしゅうあじかわぐちてんぽうざん)」


確かに桜の木がありましたが 人はほとんどいませんでした
海遊館や観覧車があるエリアとは ちょっと離れているので地味・・・・
私もここは初めてです


さて その後は うって変わって人がいっぱいの「あべのハルカス」へ

いや、私は行きたくなかったんですけど友達がぜひと・・・
実はこの石川県から来た友人の今回の大阪旅行のミッションが

 1.テレビ番組で見た薬膳料理のお店でランチ食べたい!
 2.海遊館に行きたい!
 3.あべのハルカスでおいしいものを食べる!

の3つ
ええ、もちろん、彼女は下調べなぞいっさいしてきません
いつものことなので私が色々調査し、その場所にお連れいたします


ランチが天神橋筋六丁目という ちょっとビミョーに遠い場所だったこともあって
ハルカスに着いたころにはもう5時近かったでしょうか

オシャレなお店もろくに見ず、いきなり「HARBS」に入って大きめケーキを堪能したのですが
食べ終わって友人が一言

  「もう一個、頼んでもいい?」

・・・お昼が上品で量が少なかったのかもしれないが、ケーキ追加する人いる!?
第一、この後 夕飯も食べるんでしょう? 食べられるの?

つい、必死で説得してしまいました
結果、彼女は考えなおし、おかわり無料のコーヒーだけ注文しました
その後 すぐレストランフロアに移動したので 私の忠告が正しかったことが証明されました

平日でしたが7時近かったので どこのお店もそこそこ混んでいましたが
「五右○門」そっくりの 和風スパゲティのお店に入りました
しかし席が狭くて 仕切りはあるものの隣の席とくっついているので
隣のおばちゃんの喋りが まる聞こえでやかましかったです
もう二度と行かん


そして帰りの電車の時間が迫るなか、梅田でお土産も物色し、
慌しく彼女は帰っていきました
いつも彼女は遊びに来ると帰り際がせわしくて バタバタするのよねぇ

わたくしも「わらびもち」を土産に買って帰りましたが
息子2号、3号にあっさり食い尽くされました
(息子1号はバイトで不在だった為、お土産があったことすら知らない)

「あべのハルカス美術館」は 今週末オープンするようです
あんまり混んでなきゃ行きたいとこです




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana









 
関連記事
Trackback(0) Comment(0) 
Category:お出かけ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.03.18(Tue) 23:03
こんにちは ジョルです
水族館なのに リスザルや「なまけもの」がいました
いえ、私じゃありません
本物の「ナマケモノ」です
だからアタシじゃないって


7、8年ブリくらいでしょうか、久しぶりに「海遊館」に行ってきました
大阪が世界に誇る水族館、かいゆうかんです



    13951516682230.jpg


このジンベエザメは多分、昔いたコ(初代)じゃなくて 初対面のかただと思います
このかたは ちょっと小柄な気がいたしました


暖かい日だったし、春休みの学生さんも多いんでしょうね、思っていたより人が多めでした
そしてなぜかカップルばかり
あ、わたくしは同い年の友達と一緒です、
そんなおばさんマダムの二人連れなんて あまりいなかったですね
彼女とは去年、京都水族館にも一緒に行ってるんですけどね


    13951517704052-1.jpg


ペンギン大好きです
マンボウも大好きなのですが あいにく今の時期はいらっしゃらないようです
どちらもコロンとしたフォルムであることは 単なる偶然です 


    13951517057501.jpg


クラゲも面白かったです
若いオンナのコたちが クラゲの水槽を見たとたん、「かわいいーーっ」を連発していました
彼女たちから「かわいい」と「やばい」を取り上げたら
もはや会話は成り立たないのであろうといつも思います
トシは取りたくないもんだねぇと思ったアナタは広い心をお持ちのようだ


期間限定で「アオリイカ」が展示されていたためか
ショップでは イカのぬいぐるみも売ってました
イカでさえぬいぐるみになれる・・・

そうそう、イカのリュックも売ってました
わが子がもっと小さかったとしても あれを背負わせるのは
母としてちょっと忍びない気がいたしました
ですから友人に勧めてみました、ええ、同い年です
多分背負ったら イカに背後から襲い掛かられているように見えるんじゃ・・・・
ただ目立つので 迷子対策には遺憾なく効果を発揮できることでしょう、まさにイカだけに
山田君、座布団持ってきて


海遊館の中にもショップがあるのですが、海遊館から出たところにもっと大きなショップがあり、
こちらは海遊館に入らなくても利用できるので
近くの「天保山サントリーミュージアム」に来たついでに何度か寄ったりしました
イカはともかく、イルカのグッズとか好きなので
サントリーミュージアムが閉館してからは ここまで来ることもありません
本当は水族館、大好きなんだけど 子どもが大きくなると行く機会がありません
あ、カップルで行くという手がありますけど、
まぁ どーでもいいか
もちろん結婚前は何度か行きましたから








 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana




















 
関連記事
Trackback(0) Comment(0) 
Category:お出かけ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.03.13(Thu) 22:52
こんばんは ジョルです
5人家族の我が家、揚げ物に何をかけるか 結構皆それぞれです
ソース?ケチャップ?味噌?(名古屋風の)
そして付け合せの野菜にも それぞれ
塩?ごまドレッシング?シーザードレッシング?青じそドレッシング?・・・
日本人ならしょうゆで済ませ!
と、たまに思う昭和な私です
カレーにはソースだったけど さすがにそれはやらない


高校生の三男はまだ授業があるものの、
大学生の長男、来月から大学生の次男は もうとっくに春休み
夫も相変わらず出張しまくりで不在なので 
すっかりだらけきった生活です~ぅ
いや、いつもだろ というツッコミはなしにしていただきたい

しかしこの春休み中に 久しぶりに次男を連れて実家に帰省することになりそうなので
また 東京でしか見られない美術展に行ってこようと思います

まず見たいのは「ラファエル前派展
これは六本木ヒルズですねー、いやー、緊張しちゃうな六本木
ヒルズもまだ一回しか行ったことないし

それと先日テレビで見た「河鍋暁斎記念美術館」も
以前から行きたいと思ってたところです
こちらは埼玉県だから近いんだけど 電車でのアクセスがちょっと面倒くさいかな・・・


しかし一番の問題は 次男をどうするか

一人でジジババの家に残して置いてもヒマだろうし、
彼はちょっとシャイなので ジジババも持て余すだろうし 
しかし考えてみれば 今回の帰省は 受験の為ずいぶんご無沙汰してしまった彼を
実家に連れて行くのがメイン!
それなのに自分のことばかり考えてしまうなんて
母としてどーなのよ!
と わたくしの中に微かに残る良心が叫んでいます
よし、ヤツも連れて行こう
そして どっかマックででも待たせておこう




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana







 
関連記事
Trackback(0) Comment(2) 
Category:日々の中で 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.03.04(Tue) 23:34
こんばんは ジョルです
美容院のメンバーズカード、スタンプが溜まって今度行ったら記念品をもらおう!
と思っていたら 先月いっぱいで閉店してました
そんなに私がキライか!?


哀しいお話です


私が小学5年生のとき、我が家のお雛さまは捨てられてしまいました
引越しの荷物整理の一環として・・・

あまり大きくないガラスケース入りの五段飾りくらいのものだったと思います
当時父親が転勤が多かったので 大きいものを買わず、
小さくて持ち運べるものにしたそうですが
皮肉なことに 私が生まれてから転勤はなく、
単に家を買ったことによる引越しで捨てられてしまいました

捨てたときのことは なんとなく覚えていて 
母に「これ、もういらないんじゃない?」って言われたので
「うん」って あっさり言ってしまった気がします

大きくなってから ちょっとあり得ないことをしてしまったことに気付きましたが
すでに after the festival

早く仕舞わないと 嫁に行くのが遅くなるのであれば、
年頃になる前に捨ててしまった自分は 果たしてどうなってしまうのか?

なんのことはない、ふつうに26才で結婚

しかし、当然(?)女の子には恵まれず、三人産んでも男ばっかり
自分としては男の子が欲しかったので満足してるけど
女の子が欲しかった夫はちょっとかわいそう?
これも お雛さまの「呪い」なのでは?
というより、お雛さまに嫌われてしまったのかもしれません

男ばかりなので 毎年3月3日は何事もなく過ごしていますが
ちょっとだけ 申し訳ない気持ちになるのは 死ぬまで続くような気がします



今ならたとえ小さくても 怖くて人形なんて捨てられないけど!
うちの母は そういうの全然怖がらない人です




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana


 
関連記事
Trackback(0) Comment(0) 
Category:日々の中で 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2014 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。