dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2015.04.28(Tue) 23:50
こんにちは ジョルです
好きな言葉は「半額」です
某CM風に・・・


前回の三菱一号館美術館の後、東京駅の反対側にまわって
ブリヂストン美術館「ベスト・オブ・ザ・ベスト」に行ってきました
(さらっと言っていますけど 実際は4月17日のおハナシです・・・)



ベスト・オブ・ザ・ベスト

   ブリヂストン美術館  1月31日(土)~5月17日(日)

 ブリヂストンの創業者である実業家石橋正二郎の収集した美術品を展示するため、1952年、東京・京橋に新築されたブリヂストンビル内に開館しました。印象派と20世紀絵画を中心とする西洋の近・現代美術、および明治以降の日本の洋画を収蔵・展示しています




     15042401.png


5月18日から美術館が工事のため長期休館するので 
その前に うちのとっておき、見せとくよ!って ことらしいです
粋な計らいですね

こちらの美術館に来たのは まだ二回目ですが
前回来たときにも いい作品が多かったことを覚えていたので
今回も楽しみにしていました
そして期待通り~♪


目がやたらコワいマネの自画像にも また会えたし
でもカラダは なんとなくカワイイ


     15042701.jpg
     エドゥアール・マネ「自画像」 1878-79年


行けなくてとっても残念だった「カイユボット展」を思い出したり
帰省の日と数日違いで開催・・巡回もしてくれない・・・

     15042702.png
     ギュスターヴ・カイユボット「ピアノを弾く若い男」 1876年


粗いタッチなのに この生き生きとした表情は本当に素晴らしい
「黒扇」っていう題なのに 扇はかなりテキトー・・・

  15042703.png
     藤島武二「黒扇」 1908-09年


他にも ルノワールのかわいい女の子や
セザンヌのいつもの山とか
ピカソのへたうま画(?)とか
もうなんと言っていいかわからないジャクソン・ポロックとか 
面白いのがたくさんありましたー
・・・もはや美術ブログじゃなくて 小学生の感想文だよ
あっ、青木繁の「海の幸」もよかったなー

そして この充実度をもってして なんとチケットは800円!
なんと その前に行った「ワシントン・ナショナル・ギャラリ―展」の半額
結構同じ画家の作品多かったんだよね・・・
まぁコレクション展だからこのお値段(?)なんでしょうけど
お財布と心に優しい美術展でしたわ







*** 今回のチケット代は ・・・800円でした! ***
 




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana



     





 
関連記事
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2015.04.23(Thu) 23:10
こんにちは ジョルです
我が家の体重計で 体重や体脂肪などを測ったあとに表示される「カラダ年齢」なるものが
かなり容赦ないシロモノです
どこのバーサンかと思うわ


「東京美術館三昧」第二弾は三菱一号館美術館
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」です
(実際に行ったのは 4月17日です)




  ◆ワシントン・ナショナル・ギャラリー展

     三菱一号館美術館  2月7日(土)~5月24日(日)
   
 三菱一号館は、1894年に建てられ1968年に三菱地所が取壊すまで 千代田区丸の内に存在した煉瓦造の建物で 丸の内最初の洋風貸事務所建築としての「第1号館」であり、三菱の建築顧問であったジョサイア・コンドルにより設計されました
2009年に三菱地所が同建物に似せてやや異なる位置に美術館として再建、展示室は館内の1~3階に分かれて配置されており、建造物の構造的な制約により平均40m²の比較的小さい展示室が20室連なる特異な構成となっています



      15042303.jpg


こちらの美術館も もう3回くらい来ているのですが
展示室が小さく細かく分かれているので 
自分が今、建物のどのへんにいるのかが さっぱりわかりません
これ、「美術館あるある」だと思ってるのは私だけでしょうか・・・
突然停電にでもなったら 一生出てこられないと思います・・・

今回の展示は ざっくり言うと 印象派と新印象派の作品がメインでした
でも 途中で はっきりと”デジャヴ―”を感じた私・・・
帰宅してから調べてみたら 2012年に京都で
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」、見てましたわ
でも 今回展示されている68作品中、38点が初来日ということなので
二年前に見た作品は 本当に数点しかなかったのかもしれません


     15042301.jpg
     ピエール=オーギュスト・ルノワール
          「アンリオ夫人」 1876年頃


この絵は見覚えがありました!
本当に綺麗なので印象に残っていたんでしょうね


     15042302.jpg
     ベルト・モリゾ「窓辺にいる画家の姉」  1869年


ベルト・モリゾのお姉さんも画家だったそうです(子どもが生まれて辞めたらしい)
この邦題だと 「画家」の姉なのか、画家である姉なのか、
どちらの意味でも取れるなぁと思って調べてみたら
原題は「artist's sister」になっていました

展示作品数が68点なので 数としては決して多くはないんですが
知ってる画家の作品ばかりでしたし
展示室が小さめで 人も多く感じたので かなりお腹いっぱいなカンジでした
でも どうもあの展示室の感じが あまり好きにはなれないかも・・・
外観はオシャレで好みなんだけど





*** 今回のチケット代は ・・・1600円でした! ***



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 
関連記事
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2015.04.20(Mon) 21:47
こんにちは ジョルです
コタツをしまう決心が なかなかつきません・・・
まぁ毎年のことですけどねぇ


実家に帰省したので 久しぶりに東京で美術館三昧をしてきました
まずは 国立西洋美術館の「グエルチーノ展」です



 ◆グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家◆

      国立西洋美術館  3月3日(火)~5月31日(日)

 国立西洋美術館は、東京都台東区の上野公園内にある、西洋の美術作品を専門とする美術館であり、印象派など19世紀から20世紀前半の絵画・彫刻を中心とする松方コレクションを基として、1959年(昭和34年)に設立されました
 



     
はい、グエルチーノ、知りません

この間BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」で取り上げられていたのを見て
面白そうだったので 今回行ってみることにしました
なんか とても貴重な機会のようですしね

グエルチーノ(1591-1666年)はイタリア・バロック美術を代表する画家で
カラヴァッジョやカラッチ一族によって幕が開けられたバロック美術を発展させました
出品作品の多くはチェント市立絵画館所蔵品で 
チェントは2012年に地震に襲われ、被害を受けた絵画館はいまも閉館したままだそうです
本展は震災復興事業でもあり、収益の一部は絵画館の復興に充てられるとのことです


もうとにかく作品が全部デカいです
いかにも 教会とかで飾られているのが相応しいっていう感じですね
(本来そうだったんでしょうけど)

今回私が一番見たかった絵がこちら


     15042001.jpg
     「聖母被昇天」 1622年頃

この”思いっきり下から見上げてます感”が とても好きなんです
こういう歪んだ絵って 難しいと思うんですけど
うまくハマってる(?)と なんか心地良いんですよね、オカシイかしら私?

全体的に かなりドラマチックな絵という印象です
これも 上にいる天使の飛び出し方がハンパない!


     15042003.jpg
     「キリストから鍵を受け取る聖ペテロ」 1618年


     15042002.jpg
     「説教する洗礼者聖ヨハネ」 1650年


聖ヨハネって よくこのポーズしてますね、ダヴィンチの絵を思い出します

後期になると この大袈裟なドラマチック感が少し薄れてくるので
個人的には そうなる以前のほうが好きです
やはり人生はドラマチックでなければ!

さすがに あまりメジャーな画家じゃないせいか 
あまり混雑していなくて 静かで良かったです


** 今回のチケット代は ・・・1500円でした **



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana



 
関連記事
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2015.04.10(Fri) 18:30
こんにちは ジョルです
最近は二か月に一度くらいのペースで美容院(カット)に行っているのに
 「これで本当に二か月ですか・・・?」
って 美容師さんに疑いを持たれてしまう、髪の多さにいい加減ウンザリです
人生一度でいいからワンレンロングヘアにしてみたかったよ・・・


今回はちょっと一味違った展覧会に行ってきました


     15041001.jpg


映画界の鬼才ティム・バートンの展覧会です
会場は 「グランフロント大阪ナレッジキャピタルイベントラボ」 なげーよ
グランフロントなんて まだ一回しか行ったことないんだよね・・・・ランチしただけだし
あまりポスターとかも見かけなったので ひょっとして空いてる?
なんて 期待してたけど 平日にもかかわらず、かなり混んでました
やっぱり若い人ばっかりだし、カップルも多い!

実はわたくし、映画館が苦手です
なんたって最後に映画館に行ったのは「ターミネーター4」だもん、いったい何年前?
夫が観たいというので付き合っただけ・・・
家でゆっくり自分のペースでDVDで見るのが好き
早送り、巻き戻し し放題! お茶も飲み放題!

だからティム・バートン作品もDVDでしか見たことないし、
「シザーハンズ」は好きだったけど 
ティム・バートンの名前を知ったのはほんの10年くらい前?
でも あの独特な世界観が好きで 主要作品は一応全部見てます

「スリーピーホロウ」のDVDは まだ子どもたちが小さかったときにレンタルして
子どもたちが寝静まってから(残酷なシーンが多いので 子どもにはNG) 
夜遅く一人で見てたので ものすごく怖かった~
でも映像はとっても綺麗で素敵なんですよ、生首が転がってきますけどね!

しかし監督自身が こんなに絵も描けちゃう人だとは知りませんでした


    150403.jpg

    15041002.jpg

    15041005.png


小さなスケッチブックや そのへんの紙に落書きしたような絵から
ちゃんと油彩で描いたものまで かなりの数が展示されていました
なんか頭に浮かんだまま、サラサラっと描いちゃったような絵も多くて、
この人は ただ純粋に絵を描くことが好きな人なんだなぁと感じました
ちょっと不気味な絵ばっかりですけどね

会場では フィルム作品もいくつか上映されているので
見てまわるのに一時間以上かかりましたね
人が少なかったら もうちょっとじっくり見たかったかな

こんな人形やオブジェもたくさんあって 更に楽しい


    15041004.jpg


今回、グランフロントなので ランチがてら友達を誘おうかと思っていたんですけど
やっぱり 誘わなくて正解だったかも・・・!
ちょっとマニアック過ぎる・・・興味がない人は連れてきちゃいけないかもね
個人的には とても面白かったです






** 今回のチケット代は ・・・1480円でした ***
   前売り1500円、当日券1800円は かなりお高い!



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana



 
関連記事
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2015 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。