dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.08.24(Fri) 14:24
こんにちは ジョルです
低空飛行のセミに 恐怖する日々です
まさに「虫の息」となったセミは ことのほか恐ろしい・・・急に動き出すから・・・・

前回の若冲展のあと、もうひとつ 美術展に行きました



◆ 世界遺産 ヴェネツィア展 ◆

     京都文化博物館  7月28日(土)-9月23日(日)

京都文化博物館は京都の歴史と文化の紹介を目的とし、1988年(昭和63年)に開館しました。旧日本銀行京都支店の建物は現在は京都文化博物館の別館として使用されています。



東京展に行かれた方には 「あれ 今頃?」って言われちゃいそうですね
東京展は ほぼ1年前、しかし まだこのあと 広島にも巡回するそうですよ
でも 「二人の貴婦人」は 東京展のみの出展だとか・・・
うーん、残念

絵画だけはなく 工芸品や装飾品など 様々なものが展示されていますので
会場は 2フロアにわたっており、人も多めでした


まず・・・ヴェネツィア共和国って 国だったこともあったんですね!
ってことに オドロキ
7世紀から 1797年まで歴史上最も長く続いた共和国だったそうです

最初にヴェネツィア全域の鳥瞰図が展示されていて
ヴェネツィアといえば ゴンドラ・・・っていうのも納得というくらい
水路だらけなのがわかります
日本みたいに雨が多い地域に住んでいる私から見るとと どうも
床上浸水とか大丈夫なの?
って ハラハラしてしまいますけどね


よくルネサンス美術では ヴェネツィア派とフェイレンツェ派という言葉を聞きますが
「色のヴェネツィア 線のフィレンツェ」と言われるように ヴェネツィア派は
「画面を色を使って構築し、流動的で詩的な雰囲気で人間の感覚に直接訴えかける効果を追求した」
・・・そうです
なんか こういうのって わかったようなわからないような・・・
(はっきり言っちゃうとよくわかりません・・・バカなのか?私は・・・)


 kousuiuri.jpg
 ピエトロ・ロンギ 「香水売り」 1750~1752年

なんと 仮面舞踏会発祥の地は ヴェネツィアらしいです
他にも仮面をつけた人の絵もあって ちょっと印象に残りました
狭い街なので 貴族が顔を隠すために使ったとか・・・
それにしても お面と仮面って なにが違うんでしょうね?
「お面」は 大きいから 「仮面」に含まれるのかしら
でも 「お面舞踏会」じゃ ミステリアスではないな、楽しそうではあるけど


特に これは目玉!という作品があったわけではないけど
色々と 今まで知らなかったことがわかって 勉強になる美術展でした

それと 随分前から この京都文化博物館に行くと この方にお会いします

maro.jpg


「まゆまろ」 というらしいです まぁ、ゆるキャラの類なんでしょう
もう一年くらい この場に立ちつくしていらっしゃるんですけど
いまひとつ 知名度は上がってないような・・・
いっそのこと 博物館の受付カウンターの中にでも入れてあげればいいのに・・・
夜には 片付けるのかしら、ちょっと 妖怪テイストも感じるので
個人的には 好みなんですけどね
あっ、エレベーターの中に入れておくとかすると いいですね、
みんな乗るから 絶対知名度上がるでしょう、
おばちゃんの悲鳴もあがるでしょうが・・・
 チーン! ぎゃーっっ



*** 今回のチケット代は ・・・忘れました!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ ***
  随分前にチケットショップで買ったので・・・ちなみに当日券は1300円 ちと高め・・・



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 





関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> シロクロさん

元気なセミもやかましくて困るけど ヘロヘロのヤツも困りますよね・・・

「香水売り」は 気になるポイント、てんこ盛りでしょうv-8
こんな人ばかり 通りにウロウロしてたら 怖くて外へ出れないし・・・
でも実際は ウロウロしてたんですかねぇ・・・
この おばあさんも ちょっとひとくせありそうで コワイv-356

まゆまろinエレベーター、ダメ?
でも なんだか とっても ほったらかしにされてて
まゆまろ 不憫なんですよーv-355
もう少し 陽のあたる場所に出してあげたいv-353
コインロッカー開けて まゆまろいたら 大当たりとか・・・

NAME:ジョル | 2012.08.27(月) 22:20 | URL | [Edit]

 

こんにちはー。

8月も末になって、へろへろの危険なセミが多い季節ですよねー…。

あちこち巡回してるから、ようやく京都なんですね。
絵だけじゃない展示で、ヴェネツィアの勉強にもなるから面白かったですけれど、「二人の貴婦人」が出ないのはちょっと淋しいですよねe-258

お面と仮面、違いがあるんですかね~。
お面舞踏会は楽しそうi-239
この絵の、後ろの女の人が気になります。炭入り美容パックみたいじゃないですか??

まゆまろinエレベーターは、心臓が止まります…。

NAME:シロクロ | 2012.08.27(月) 14:21 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

瀕死のセミが ヨタヨタ飛んでいるのは とっても恐怖・・・v-12
子どものころは こんなにセミ キライじゃなかったのに・・・

顔を隠すと言っても こんな仮面してたら
ものすごく目立ちますよね、
それは いいんでしょうかね・・・?

「まゆまろ」結構 オリジナリティあって いいですよね、
つるんとしててv-8

NAME:ジョル | 2012.08.26(日) 21:30 | URL | [Edit]

 

こんばんは~
セミって、そんな感じでしたっけ(笑)

ピエトロ・ロンギ の「香水売り」は、オペラ座の
怪人みたいな人がいて、しかも笠みたいなものを
被ってるし、なんか違和感のある絵ですね!
でも、結構、面白いかも。

僕も「まゆまろ」は好きかも。
エレべーターに置いていたら、びっくりするでしょうね!
応援、ぽちぽち

NAME:りょーごろー | 2012.08.26(日) 01:01 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。