dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.08.31(Fri) 15:45
こんばんは ジョルです
大学生の息子から 「一生のお願い」を毎日お願いされています
100万回生きた猫か、あんたは
洗濯しといてとか、振込みしておいてとか、そんなお願い


暑さにくじけて 今月はなんと一日しか美術館に行ってません・・・
(この一日には 二つの美術館には行ったけれど)
いやー、これじゃ ネタもなんもありゃしません

そんな 8月も 今日で終わり
9月は 美術展も多めですし、心を入れ替えて 美術館巡ってこようと思います
あ、でも まだしばらく 暑いみたいですね・・・

暑いのもあって 買い物に行くと 
徒歩5分ほどのショッピングセンターに行ってるにもかかわらず、
一時間ほどかけて うだうだと あちこち物色している毎日です
本当に節電してるのか、ちょっと心配になるくらい涼しいので・・・

で、数日前 本屋で うだうだしながら買ってきたのが
  「ハプスブルグ家 12の物語」 中野京子
という本です


西洋絵画の美術展に行くと よく目にする「ハプスブルグ家」
世界史 大のニガテだった私、最初のころは「?」の嵐でしたが
何度も見ていくうちに
最近は なんとなく わかってきた気になってしまうのが
稲川淳二の怪談よりも恐ろしい・・・

ということで ただ今 勉強中です


とはいえ、同じ名前の人が何人もいたり、
国も 現在と違ってるし、やたら戦争して支配したり、独立したり、
近親結婚だらけで 血縁関係が複雑だったりで
えーい、もー なんじゃーこりゃー?
ってなりながら 読んでいます

もちろん話は ハプスブルグ家の そもそもの成り立ちから 
それぞれの肖像画などの名画といっしょに エピソードが紹介されているので
かなり 読みやすいつくりには なっています

見覚えのある絵が たくさん掲載されていて
  ああ この人、こんな人だったのねー
と 読んでるそのときは 理解してるんですけど、
しばらくあとで また名前が出てくると 
えーと、この人 誰だったっけ?状態になってしまうので
読み終えるのに ちょっと時間かかりそうです
(やっと今 マリー・アントワネットの時代まできました)

それにしても いつも思うのは こういう権力者や お金持ちがいてこそ、
芸術って 発展するし、後世 こうやって残っているんだなぁということ

教会や教皇、王侯貴族といった パトロンからの注文とかがあってこそ
大作が生まれる ってところがありますよね
日本でも 幕府のお抱え絵師とか ありましたからね

そういう観点からすると フェルメールみたいな風俗画とか
江戸時代の浮世絵とかは 違う形で発展してきたわけですけど
それを各地から集めて コレクションと言う形で残してきたのは
貴族とかのお金持ちです
お金持ってる人は いい使い方をして欲しいですね


話がそれちゃいましたけど この本の一番最初に出てくる人がこの人

 Albrecht_D.jpeg
 アルブレヒト・デューラー「マクシミリアン1世」1519年


あの デューラーが描いてるんですね
ハプスブルグ家には 直接関係ないけど
デューラーについても 面白い話が書いてありました
それはまた 次の機会に


 




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 



関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:日々の中で 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> シロクロさん

最初のころは 「え、なに!?」って身構えてましたけど
最近は 右から左へ軽く流してますv-8

なんと シロクロさんも持ってましたか!v-353
私も まだこれなら 少しはわかりやすいかもって思って買いました
確かに 1000円以下だから 手が出せますよねーv-343
以前に比べたら 随分知識が付いたような気がしますけど
まだまだです・・・
お互いがんばりましょうv-290

NAME:ジョル | 2012.09.04(火) 15:03 | URL | [Edit]

 

こんにちはー。

軽い!お願いの内容が軽い!!

この本、私も持ってますー!
美術関連の本にしては、買える値段だったから…。
西洋美術を知りたいと思ったら、ヨーロッパ史が必須で、そうするとハプスブルク家が出てくるんだけど、まずカタカナの名前が頭に入って来ないですi-6
この本なら肖像画が揃ってるから、顔をイメージできるので、文字だけで名前見るよりは読みやすかったです。

NAME:シロクロ | 2012.09.03(月) 22:47 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

あと 5万回くらいでしょうかね・・・

まだ日本史のほうが マシでしたね、
世界史は 人の名前が なかなか覚えられなくて・・・
宗教関連のことも よくわかってませんねv-356

世界不思議発見!は 長いですよねー
結婚前から やってましたねv-290
クイズ形式が変わっちゃってから あまり見てないんですけど
確かにあれは 勉強になる番組ですね
黒柳さん すごすぎv-352

NAME:ジョル | 2012.09.01(土) 16:05 | URL | [Edit]

 

こんばんは~
「一生のお願い」あとこれから何回言う事になるでしょうかね~(笑)

心と体の充電します。せっかくなので、どっかの
美術館に行こうかな。

世界史はややこしいですね。僕は歴史は好きなほうなので、
少しぐらいなら、解るかもしれないですが、
歴史に興味がない人は、覚えるのに、かなり
苦労すると思います。

意外に、テレビの「世界ふしぎ発見」は
勉強になりますよ(笑)
応援、ぽちぽち

NAME:りょーごろー | 2012.08.31(金) 23:59 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。