dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.09.13(Thu) 15:08
こんにちは ジョルです
ショップの店員さんたちは すっかり秋の装いですね
ちょっとやりすぎて 「冬」になってる気もしますけど・・・暑くないんだろうか・・・


ありがたいことに月曜日でも休館することのない 京都伊勢丹7階の 
美術館「えき」KYOTOに行ってきました
(もちろん月曜日にね)



開館15周年記念 輝ける皇妃 エリザベート展◆


   美術館「えき」KYOTO  9月7日(金)~ 10月28日(日) 

美術館「えき」は 京都駅下車すぐの JR京都伊勢丹の7階にあります。
古典から現代アートまで、ジャンルを問わず、国内外のさまざまなアート作品を紹介する展覧会を年11~12回開催しています。



絶世の美女、皇妃エリザベート(1837-1898)、
「シシィ」の愛称で国民から愛されたオーストリア皇妃です
16歳にして 名門ハプスブルク家の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に嫁ぐものの、
旧態依然とした宮廷生活には馴染めず、現実から逃避、
生涯自らの美と自由を追求し、宮廷を離れた孤独な旅の果てに、
テロリストの暗殺による悲劇的な最期を遂げました

名前や肩書きより こちらの絵のほうが 有名かも

 eriza.jpg
 フランツ・クサファー・ヴィンターハルター
  「オーストリア皇妃エリザベート」1865年


こちらの絵は 2010年1月に京都国立博物館で開催された
「THE ハプスブルグ」展に出品されていて、
その時 とても綺麗で 印象に残っていたので
 今回もこれが出品されるの?
って ちょっと期待しちゃったんですけど
この絵は 展示されていません

この絵を見たときには エリザベートがどんな人なのか よく知らなかったのですが、
先日 このブログでも書いたように
「ハプスブルグ家 12の物語」という本を読んだので 
 もう 予習はバッチリだぜぃ!
・・・と言いたいところだけど まぁ なんとなーく知ってるかな
くらいの状態で出かけました

姉のお見合いの場にいたことで 皇帝に一目惚れされ、
急遽 オーストリア皇妃になることになったエリザベート
当のフランツ・ヨーゼフ一世は なかなかイケメンとしても有名だったらしい

しかし バイエルン(ドイツ)で 自由で馬に乗って狩りを楽しむような
活動的な生活をしていた彼女に
オーストリア皇妃としての生活は 合わなかったようです
乗馬の腕は かなりなものだったそうで 乗馬道具や 
愛馬の絵まで展示されてました・・・
(なぜか馬の鞍には ネコが寝ていましたが・・・)

今回の目玉は この肖像画でも描かれている「星型の髪飾り」


  eriza-head.jpg


絵では レースかなにか もっと軽い素材のものかと思ったんですが
実際は ダイヤモンドがちりばめられた かなり大きめなものでした

  start.jpg

正直 これだけ重厚なものを あれだけの数、頭に付けていたら
かなり 重たそう・・・
彼女の自慢の長い髪は ほぼ一日かけて洗髪されていたそうです・・・

172センチの身長に50キロの体重を 生涯維持するための
日々の トレーニングやダイエットなど
その美貌に対する拘りは スゴイです


しかし 皇妃になるべく資質には欠けていたのかも・・・
もっと違う結婚をしていたら
子どもや夫と共に 幸せな家庭生活を送れたのかもしれません
子どもを自分で育てることも許されず、
だからこそ 無理を言って連れ出した旅先で 病死させてしまった彼女
親として これほど哀しい出来事はないでしょう
果てしない美の追求は 行き場のない心の支えだったのかもしれません


美術品というより、工芸品とか 歴史的資料などの展示が多かったので
美術好きよりは 歴史好きの方に楽しめる展示かもしれませんね






*** 今回のチケット代は ・・・650円でした! ***
  当日券1000円前売り800円のところ、チケットショップでこのお値段!

 




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 

関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> だまけんさん

そうですね、確かに女性のお客さん、多かったです
年齢層も いつもより(?)低めでしたv-290

奥様、長身ですね!うらやましい・・・
うちで172センチというと 次男がドンピシャです 体重は60キロですが・・・
展示されてるネックレスとかベルトとかも めっちゃ細かった・・・

NAME:ジョル | 2012.09.16(日) 13:09 | URL | [Edit]

 

こんばんわ!
 この展覧会は東京では日本橋の三越でやってました。会場は圧倒的に女性だらけでした。
 エリザベートは172センチでしたか、妻と同じくらいです。体重は秘密ですが、、、
 

NAME:だまけん | 2012.09.14(金) 22:41 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

やっぱり慣れないことは するべきじゃありませんねv-356

絶世の美女・・なのは もちろんなんですけど
そこにばっかり注目がいってしまうのも どうなんでしょうね・・・
こういう展示があると 人としての いろんな面が紹介されて
多くの人に理解されるいい機会になりそうですね

NAME:ジョル | 2012.09.14(金) 22:25 | URL | [Edit]

 

こんばんは~
さすがに4日連続の更新は無理だったようですね(笑)
まあ、僕もコメント、サボりがちですけどね。
秋をすっとばして、冬の装いをしてるんですか!
その店員さん、まだ暑いでしょう(笑)


すごく綺麗な方ですね。
さすが、王妃、気品も感じますけど、
実は、おてんばで、普通の暮らしを望んで
いた、いたって普通の女性でしたのね。
なんか、ホント可哀相なお人ですね(泣)

応援、ぽちぽち

NAME:りょーごろー | 2012.09.13(木) 23:12 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。