dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.10.07(Sun) 13:45
こんにちは ジョルです
三連休ど真ん中ですが 今日は家に私一人・・・やったー!
お昼ご飯作らなくていいのが 


昨日の記事の中に出てきた「東京駅に近い美術館」というのは
こちらの 三菱一号館美術館でした


  13495812356570.jpg





 ◆シャルダン展 ー静寂の巨匠

  三菱一号館美術館  9月8日(土)~2013年1月6日(日)
   
三菱一号館は、1894年に建てられ1968年に三菱地所が取壊すまで 千代田区丸の内に存在した煉瓦造の建物で 丸の内最初の洋風貸事務所建築としての「第1号館」であり、三菱の建築顧問であったジョサイア・コンドルにより設計されました
2009年に三菱地所が同建物に似せてやや異なる位置に美術館として再建、展示室は館内の1~3階に分かれて配置されており、建造物の構造的な制約により平均40m²の比較的小さい展示室が20室連なる特異な構成となっています





確かに中の展示室が 極度に狭いです・・・・
混んでいたら さぞかしつらかろう・・・と思わせるけれど
個性的・印象的ではありますね
順路も少しわかりづらいので 若干迷ってるおばちゃんを発見
私じゃありませんよー

美術館の中庭には 人がどっさりいたので ちょっとビビったけど
美術館の中は さほど混んでいませんでした
場所柄(?)年齢層は あまり高くはありません


ジャン・シメオン・シャルダンは18世紀のフランスの画家
なんといっても 私には「赤エイ」のイメージが・・・
(詳しくはこちらの記事を見てくださいね)

それから ちょっと不思議なスタイルの自画像も印象的・・・

  220px-Jean-Baptiste_SimC3A9on_Chardin_023.jpeg

  shar.jpg
 (この2点は展示されていません)


これは 当時の普通のファッションなんだろうか・・・
「青いターバンの少女」のむこうを張って 「白いターバンのおっちゃん」なんてどうかな?


シャルダンは 静物画から絵画を始め、一度 風俗画に転向した後、
再び静物画に戻っています
風俗画のほうが 画家としての地位も高いそうで
フランス王室に認められたこともあって 
やがて シャルダンもブルジョワの仲間入りをはたします


  portrait_du_peintre_joseph_aved.jpg
  「画家ジョゼフ・アヴェドの肖像」(錬金術師) 1734年

このジョゼフ・アヴェドの勧めで風俗画を描くことになったのですが
「錬金術師」という別名が なんとも意味深・・・
風俗画を描くことで 結果として冨や名声を 得ることができたわけですからね


しかし 50代を過ぎる頃、再び静物画に専念するようになります
やはり こっちのほうが自分に合っていると感じたのでしょうか
描かれているものが 以前のものより高価なものになっているそうです
(再婚した奥さんは お金持ちだったらしい・・・)


  panier_de_prunes.jpg
  「すももの籠」 1759年頃


このグラスの透明感といったら・・・!
手を伸ばして 一気飲みしたくなります
(水じゃなくてワインだったら 一気飲みはヤバイ←飲めない人なので)

まさに「静寂の巨匠」
美術館の雰囲気と 絵画の相性が バッチリな展覧会でした


ちなみに あのエステーの消臭剤「シャルダン」は この画家シャルダンに由来するそうです
こちらのほうが 日本での知名度は今のところ上でしょうけど




*** 今回のチケット代は ・・・1500円でした! ***
 正直言って 高くない? 




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 










関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: 建物も好きです

> のんきなかたつむりさん

ほんとにオシャレな建物でしたねーv-353
ちょっと思ってたより小さかったですけど・・・
東京駅に近いので これからも帰省のたびに
要チェックかなーなんて思ってますv-290
三井記念美術館、新しいんですね、初めて聞きましたv-356
お雛様の展示なんて とっても面白そう!
関西では 神戸はもちろん 京都にも意外と洋風建築多いんですよー
お寺といっしょに楽しめておススメですv-343

NAME:ジョル | 2012.10.13(土) 14:08 | URL | [Edit]

 

建物も好きです

今日は。
毎日、この展覧会のポスター駅でながめてます。
ジョルさんの記事を読んで、静物画がみたくなりました。
昨年こちらの美術館の「ロートレック展」に行きました。
洋館好きとしては、三菱一号館の建物が好きです。
洋館に興味をお持ちしたら、日本橋の三井記念美術館がおすすめです。
茶道具などの美術展が多いですが、春にはお雛様の展示があるようです。私も毎年春行きたいと思いながら、まだですが・・・

NAME:のんきなかたつむり | 2012.10.13(土) 10:48 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。