dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.10.09(Tue) 23:55
こんばんは ジョルです
買い物途中の道の脇にある街路樹の根元に 紳士ものの革靴が一足、
きちんと揃えて置かれていました・・・
思わず木の上を見上げると・・・・・
もちろん何もなかったけど ちょっと怖い
私には何かぶらさがってるのが うっすら見えるけど・・・なんてね・・・


帰省第一日目 実家に行く前にまず寄ったのは
損保ジャパン東郷青児美術館で開催されている
「ジェームズ・アンソール ー写実と幻想の系譜ー」 でした
(前回の三菱一号館美術館は 帰省最終日)


  2012070200.jpeg



 ◆ジェームズ・アンソール ー写実と幻想の系譜ー

  損保ジャパン東郷青児美術館  9月8日(土)~11月11日(日)
   
 東郷青児の美術作品コレクションを中心とする美術館であり、公益財団法人損保ジャパン美術財団が運営しています。東京都新宿区の損保ジャパン本社ビル内42階にあります。
 所蔵品で最も有名な作品であろうゴッホの「ひまわり」については、その購入額(約58億円)によってまず注目を集めました。また、購入当初から欧米の美術界を中心に「贋作ではないか」という説がありましたが、これはゴッホ美術館の学芸員によって否定されています。




西新宿なんて 何年ぶりなのか 思い出せないくらい久しぶり・・・!
あぁ「新宿の目」って まだあるんだねぇ
なんて 懐かしがってたら 道間違えちゃった・・・
(「新宿の目」の前にいる時点で間違ってます

せっかくの損保ジャパンビル42階の美術館なのに
あいにくの天気で 全く景色が楽しめませんでした
でも そんな天気のせいか 人が少なくて ゆっくりと観ることができました

アンソールの名前がどーんと前面に出てはいますが
アンソール以外の画家も たくさん出品されています
ちょっと前までは 同じ題材でも こんなカンジに描いてたよー
なんて アンソールの絵と比較してみる狙いであったり、
アンソールが影響を受けている画家であったり、
あまり知られていないアンソールの側面を 色々知ることができます

時代的にみても 印象派の影響というのは やっぱり大きかったんじゃないかな
そんな印象も受けました


しかし なんといってもアンソールといえば ガイコツ


  ensor.jpg
  「首吊り死体を奪い合う骸骨たち」 1891年


タイトルだけ聞くと かなりホラーな感じですけど
実際は シニカルな作品です
真ん中の首を吊ってるのは 画家自身、骸骨は母と叔母で
ドアの外には 仮面をつけたギャラリーがたくさんいます
家では 女系家族(母、叔母、妹)の中で苦労し、
外では自分の芸術を理解してくれない人たちに うんざりしていたんでしょうか・・・


私がアンソールの作品で好きなのが


  -Ensor_SkeletonsFightingSmall.jpg
  「燻製ニシンを奪い合う骸骨たち」 1891年
 (こちらの絵は展示されていません)


またも「奪いあう骸骨」です
フランス語で燻製ニシンは"hareng-saur(アランソール)"、アンソールの芸術は
"Art Ensor(アランソール)"と 発音が似ているそうです
表現主義と象徴主義の論争の中にある自身の芸術をコミカルに描いたものです
ガイコツって 意外と「かぶりもの」が似合うんですね
「顔」のないガイコツのはずなのに なぜか表情を感じてしまう絵です


展示室の最後には ゴッホ、セザンヌ、ゴーギャンが待っています
プラス、運がよければ 素晴らしい42階からの眺望も!
つーか あんだけ霞んで何も見えない日のほうが 珍しいかもね・・・
・・・残念!! ←懐かしいでしょ?








*** 今回のチケット代は ・・・1000円でした! ***




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 




関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> N,yasuさん

ちょっとマイナーですけど、このガイコツ見たら
結構 印象に残るでしょう?v-290
あまり展覧会も聞かないので ちょうど行きたかったんですよねv-343
東京は美術館があり過ぎて チェックするだけでも大変そうです・・・

母は骨粗しょう症なので すぐ骨いっちゃうんです
ホネ、やっぱり大事ですよ 女性は特に気をつけましょうねv-290
ご心配いただきありがとうございます

NAME:ジョル | 2012.10.11(木) 18:13 | URL | [Edit]

 

ご無沙汰しております。
ジェームズ・アンソール、はじめて見ました。
なんか好きです。(この後Googleしてみます)
私は 、東京方面美術館は行った事もないのですが
家の人からすごいんだと聞いています。行ってみたいな。
お母様、大変でしたね、療養中でいらっしゃるんですか?
一日も早く回復せれますように♪

NAME:N,yasu | 2012.10.10(水) 22:03 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。