dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.11.05(Sat) 14:17
こんにちは ジョルです
今日は 冷たい雨

さて 先回に引き続き 「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」です


          kyotom.jpg
          いいお天気でしょ


最初の部屋は 印象派以前の画家たちの作品
バルビゾン派のカミーユ・コロー
マネに屋外で描くことを教えたウジェーヌ・ブーダン
マネたちの仲間であり、若くして戦死してしまったフレデリック・バジール

そして エドゥアール・マネ
彼は 印象派の多大な影響を与え、彼らのよき理解者でありながら
自身は印象派展には 一品も出展せず、独自の創作活動を続けました
そのため、マネ自身は 印象派には分類されません

マネの犬の肖像画があったんですけど、
小作品ながら、画面いっぱいに犬です・・・誰かに依頼されたのかなぁ・・・?
当時は動物のみの肖像画なんて 珍しかったんじゃないかと思います

写実主義のクールベの 故郷の洞窟を描いた絵も(「ルー川の洞窟」)
洞窟からの冷たい風まで想像できるような 静かな迫力のある絵でしたね

19世紀になって チューブ入りの絵の具が開発されたことにより、
バルビゾン派の画家達のように 屋外で製作することが可能になって
それが 「光」を表現しようとした印象派へと つながっていきます


次の部屋は 印象派の作品
ここは さすがに 有名どころばかりです
メアリー・カサットは あまり有名ではないですけど
子どもの描き方が やさしくていいですね


         kastto.jpg 
         女の子が かなり退屈そうです


やっぱり ルノアールの描く女性はきれいですねぇ・・・


         renoir_henriot.jpg
         ピエール=オーギュスト・ルノアール「アンリオ夫人」 1876年頃

画像ではわかりにくいですけど 実際見ると めっちゃ奇麗



         higasa.jpg
         クロード・モネ「日傘の女性 モネ夫人と息子」 1875年
         この部屋での 一番人気がコレ

これも有名な絵で 同じような絵を モネは3枚描いています
これが 一番最初に描かれた絵で
その後の絵では 女性の顔が描かれていません
上の絵が描かれた4年後、この絵のモデルである妻が
貧困の中 亡くなってしまうからです
その後 モネは再婚はするのですが、その後に描かれた2枚の絵には
亡き妻への想いが 込められているような気がします


やっぱり 長くなってしまいそうなので 続きはまた次回!
引っ張るよぉ




ご協力お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(8) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: No title

> りょーごろーさん

やっぱり 真意は描いた人にしか 分からないとは思いますけど
時代背景とか 技術的なこととか、
少しでも 色々な知識を持ってたほうが
ちょっとでも その絵に近づけていける気がしますv-344
でも 難しいことは言わないで 絵を見たいし 見てもらいたいですv-290

NAME:ジョル | 2011.11.07(月) 20:10 | URL | [Edit]

 

Re: No title

> K'sさん

まぁ 1500円もしたことだし、今年一番の展覧会ということで
笑って許してちょーだいe-265

あんなに子どもじゃないんだから 何事も辛抱が大事よv-290

NAME:ジョル | 2011.11.07(月) 20:02 | URL | [Edit]

 

No title

こんばんは~
いつも訪問とコメントありがとうございます。
返事が遅れてすいません。
絵画には、画家の思い入れが、かなりの部分を占めるので、
絵画一枚に物語があるので、奥が深いです。
それらの絵画をジョルさんは、理解されてるので、いつも
感心させられます。僕も一度は美術館に行ってみたい感じに
なりました。

NAME:りょーごろー | 2011.11.06(日) 23:09 | URL | [Edit]

 

No title

こんばんわぁ~v-280

やっぱり・・・ひっぱりまくりじゃぁん~v-290
今日は、、、しっかり読まれナイよーv-8

メアリー・カサットがぁ 描いた
女子v-206とぉ 同じぐらい
退屈だよーーぉ~v-8

またぁ あしたねぇ~v-354

NAME:K's | 2011.11.06(日) 22:03 | URL | [Edit]

 

Re: No title

> シロクロさん

京都市美術館のトイレ、激混みしてましたけどねi-229
ちょうど真ん中で ベンチもあって いい休憩になりますi-80

やはり今回、いい作品ばかりなので
少々長めに引っ張っちゃいますi-237

NAME:ジョル | 2011.11.06(日) 12:44 | URL | [Edit]

 

Re: No title

> K'sさん

バルビゾンは 「バルビゾン村」からとってるだけだしねぇ、
ビルのオーナーは ミレーでも好きだったのかもよぉv-8
ミレーが バルビゾン派で一番有名だからねv-353
・・・って そんなことに 気を取られてる場合じゃないのよv-363
しっかり書くから しっかり読んでねv-344

NAME:ジョル | 2011.11.06(日) 12:32 | URL | [Edit]

 

No title

こんにちは☆

ついにナショナルギャラリー展に!良いお天気でよかったですねi-1
京都市美術館のお手洗い、とっても良い配置ですよね~i-229

カサットの絵は、子供の表情がとても良かったのと、椅子の青い色がとても美しかったのが印象的でした。
「日傘の女性」は、あのエピソードを聞くと、私はこの作品が一番切なく感じます…。

続きも楽しみにしてまーす♪

NAME:シロクロ | 2011.11.05(土) 23:10 | URL | [Edit]

 

No title

こんばんわぁ~v-280

バルビゾンって聞くとぉ・・・
海老蔵さんがぁ やられたとこぉ って
印象のっちゃうねぇ~о(ж>▽<)y ☆
ルノアールは、、、カフェだしぃー ( ̄ε ̄〃)

モネがぁv-513顔かかなくなったのぉ わぁ
思い出して さみしくv-409 なるから
だろーねぇーー
ジョルさん わぁ ブログ書いてねv-8

NAME:K's | 2011.11.05(土) 21:55 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。