dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.10.17(Wed) 15:26
こんにちは ジョルです
今週は 一週間旦那の夕飯欠食届けが出てるので うれしいです
子どもの夕飯はありますけどね




 ◆大エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年 

    京都市美術館  10月10日(水)~12月6日(木)
   
京都市美術館は、昭和8年11月、東京都美術館に次ぐ日本で二番目の大規模公立美術館として設立されました。1928年(昭和3年)に京都で行われた昭和天皇即位の礼を記念して計画が始まったため、当初は大礼記念京都美術館という名称でした。本館の設計は前田健二郎。




一緒に行った友人に 
 「なんで”大”エルミタージュなん?」(姫路出身)
って聞かれたので
 「世界三大美術館の1つであるエルミタージュ美術館から 特にスゴイの、特別に持ってきましたよ!
  っていう アピールじゃないの?」
と、もっともらしく答えておきました
私も知らんし、実は

後で調べたら エルミタージュ美術館の構成部分である 旧エルミタージュのことで
小エルミタージュとか 大エルミタージュとか 建物の名称らしいです
ま、彼女も納得してたから そのままにしておきます
すまんのぅ


向かいの 京都国立近代美術館の「Cafe de 505」でランチして 1時過ぎに会場へ
こちら美術館のカフェとはいえ、生パスタのお店で 予想外(?)に
おいしくいただきました
この季節 外のテラス席もいいですね、食べてる姿 向かいから丸見えですけど・・・ 


京都市美術館の前では 「ただ今待ち時間なしでご覧いただけます」とのアナウンスが・・・
わざわざ 職員の方が こう言っているということは 
待ち時間ありのことも よくあるんでしょうか、恐ろしい・・・(←行列大嫌い)
とりあえず 人は多めではありますが 
 「この程度やったら まだ許せるなぁ」(姫路出身)
と 友人も なぜか上から目線で のたまう程度の混雑です
確かに 中に入ると入り口前に 行列のためと思われる広いスペースが確保されています


作品は 時代を追って展示されており 16世紀ティツィアーノの作品からスタート


  imgL_01_02.jpeg
  ティツィアーノ・ヴェチェリオ「祝福するキリスト」 1570年頃


ルネサンス期イタリアの 舌かんじゃいそうな名前の画家が続きます
さすがに キリスト教の宗教画や 神話を題材にした絵が多いです
レオナルドダヴィンチなんて あるんですね、
「モナリザ」のパクリみたいな絵もありました(ポーズと背景がそっくり)
もっと バッチリ笑顔でしたけど

次の17世紀絵画のコーナーになると
肖像画や風俗画など 題材が身近なものになってきます


  imgL_02_03.jpeg
  アンソニー・ヴァン・ダイク 「自画像」1622~1623年

フランドル出身でありながら イギリス・イタリアで活躍した ヴァン・ダイク
貴族階級の肖像画家であった彼らしく めちゃくちゃ優美な自画像です
自分もこんなふうに描いてほしいっっ
っていう ご婦人も多かったのでは?
私はこんなナルシスト、信用しませんけどね


  piv_about01.jpg
  エリザベト・ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン「自画像」 1800年

フランス王妃マリーアントワネットの肖像画家で知られるルブラン
人気女流画家らしくキレイに描いてますね
右側に うっすら彼女が描いている絵(女性の肖像画)が見えます
そこは ちょっと手を抜いてるような気もしますが・・・


たいした内容もないのに 長くなってしまったので 続きはまた次回!



*** 今回のチケット代は ・・・1500円でした! ***
  まさかの当日券・・・



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 



関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

いやだなぁ りょーごろーさん、
関東出身のクソ真面目な私に 漫才なんて死んでもムリですよぉv-8

京都もこれから 写真撮るにはいい季節ですもんね
人もいっぱいいるでしょうけど・・・
そういえば最近 建物の写真とか ご無沙汰じゃないですか?e-451
期待してますe-266

NAME:ジョル | 2012.10.18(木) 13:30 | URL | [Edit]

 

こんばんは~
どの自画像も、リアルなものばかりで、写真みたいですよね~
友達の方は、とても面白そうな方で、
ジョルさんとかけあい漫才できそうですよね(笑)
京都市美術館は、機会があれば、寄ってみたいものです。
応援、ぽちぽち

NAME:りょーごろー | 2012.10.17(水) 22:38 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。