dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.10.19(Fri) 22:20
こんにちは ジョルです
出張のハズの旦那から 突然の「帰る」メールにあせってます
でも夕飯いらないって言うから よかった・・・


12月6日まで京都市美術館で開催されている「大エルミタージュ美術館展」の続きです
(前編は こちら

次のコーナーからは 19世紀、奥の最後の部屋が20世紀ということで
かなり近代になり、知っている名前が増えてきます


  imgL_04_04.jpeg
  ポール・セザンヌ「カーテンのある静物」 1894~1895年


これも いかにもセザンヌ
右側のテーブルクロス、へんな感じに透けちゃってますけど
そんなの関係ないですね
セザンヌは見たままを描こうなんて思ってませんから
セザンヌの作品は いつも果物が落っこちそうなので
つい見ていて 力が入っちゃいます
(落ちないよう皿にしがみついている果物の気持ちになっている私って やっぱりヘンでしょうか)


  imgL_05_01.jpeg
  アンリ・ルソー「ポルト・ド・ヴァンヴから見た市壁」 1909年


あっ、アンリ・ルソー
と 思ったものの あまりルソーらしさがないような 普通の絵?
普通じゃ らしくないって思われるルソー、おそるべし・・・
それでも 中央にあるのはハシゴ??? いったいどこへ??

今回のポスターにもなっている アンリ・マティスの「赤い部屋」は
一番最後に展示されています
かなり大きい作品だったんですね
これは あるお宅のダイニングに飾られるものだったとか・・・
こんな大きな絵が飾れるダイニングって・・・ふぅ(ためいき)


1500年代から 1900年代まで こうしてみると
様々な絵画が描かれてきたんだなぁと 今更ながら感慨深い気がします
どの時代の どんな絵が好きか、
きっと 好みは人それぞれでしょうが
これだけの作品があったら きっとお気に入りの一枚がみつかることでしょう
私は今回 なんとなく気になったのが こちら


  imgL_03_02.jpeg
  オラース・ヴェルネ「死の天使」 1851年


この女性は 画家自身の亡くなった娘だそうです
一筋の光とともに ものすごく綺麗に描かれています
しかし「天使」といっても 翼があるのは彼女の背後にいる
まるで死神のような 黒い影
頭に黒い頭巾のようなものをかぶっており、その顔も見えないことで
より一層不気味です
彼女は神のもとへ旅立つのだという荘厳な思いと
いつ誰のところに訪れるかもわからない死の恐怖
これを描いたときの 父である画家の気持ちは 簡単には言い表せないでしょうね
心に残る絵でした


お値段のわりには(!?) 作品数は多くはありませんが
ギュッと いいとこどりの、ゆっくり見るにはちょうどいいぐらいの数かもしれません
紅葉の季節には混むでしょうから 早目がおススメです







*** 今回のチケット代は ・・・1500円でした! ***
  まさかの当日券・・・



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 





関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

絵を見ながら 結構くだらないこと考えちゃったりするので・・・v-8

このアンリ・ルソーの絵 ここしかツッコミどころないですからねー、
この少なさは 珍しいですv-353
それにしても謎の物体ですね
「壁」だから 上るためのハシゴなのかと・・・?

日ごろの行いの良さだけで生きていけたら 今頃大富豪のハズなんですけどねー、
おかしいなーv-290


NAME:ジョル | 2012.10.21(日) 14:54 | URL | [Edit]

 

こんにちは~
意外にツッコミどころがある絵画なんですね!
僕は、漠然と全体をぼや~と見るので、こういう細かいところまでは
目が届かないですね。
でも、アンリ・ルソー「ポルト・ド・ヴァンヴから見た市壁」の
はしごは、スグにわかりました(笑)
はしごというより、何かのオブジェのつもりで描いたのでしょうか?
応援、ぽちぽち

ご主人の夕飯を作らなくてよかったですね(笑)
日頃の行いがよかったからでしょうか(笑)


建物ネタは、しばらく待ってくださいね。

NAME:りょーごろー | 2012.10.20(土) 18:01 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。