dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.10.22(Mon) 20:58
こんにちは ジョルです
先日 自分の部屋で寝ていた長男から リビングにいる私に電話がかかってきました
我が家がどんだけ豪邸かっていうと 普通の3LDKのマンションで 
リビングの壁の向こうが彼の部屋・・・
まぁ 歩いたら10歩くらい?
用件は 「メシ作って」 ・・・おいおいそれ急用かい?


神戸市立博物館「マウリッツハイス美術館展」後編です
(前編は こちら


2階の第二展示室に降りていくと いきなり「彼女」専用の展示室が・・・


  03-08.jpeg
  ヨハネス・フェルメール「真珠の耳飾りの少女」 1665年頃


行列用スペースが広くとってありますが、部屋には10人ほどしかいません
平日の5時前に来た甲斐あったわぁ

向かって左側が 絵の正面で見るための列、 右側が後ろから ゆっくり見るための列
どちらも数名なので とりあえず 正面用の列へ

それでも前に5人ほどしかいないので すぐ順番が回ってくるし、
後ろに2人くらいしかいなかったため、止まって じっくり眺めてしまいました

ともかく圧倒されます
目ヂカラが すごい
これは 画像や写真で見るのとは 全然違います
ともかく目の前に立ってみてください
正直 私もなぜこの絵が こんなに人気があるのか ちょっと不思議だったんですけど
実際見てわかりました


あまりの緊張感・満腹感で もう終わりかと思っちゃいましたけど
まだまだ展示がありました
肖像画、静物画、風俗画と続きます


肖像画のコーナーに 2組の夫婦の肖像画があります
片方が アンソニー・ヴァン・ダイク、 もう一方が フランス・ハルスによるもの
ヴァン・ダイクの作品は 高貴で優美で とってもキレイなんだけど
ハルスのものは 生き生きしていて なんだか親しみが持てて私は好きです
画像は載せませんので もし見に行かれたら 比べてみてくださいね

次の静物画の展示室に行く前に もう一度「少女」のところに戻っちゃいました
次の展示室から逆走(?)してくるかたも 何人か見たので
私みたいな人が結構いたんでしょうね


地味ではありますが 静物画も素晴らしい作品ばかり


  IMG_1456.jpg
  ピーテル・クラースゾーン「ヴァニタスの静物」 1630年


ヴァニタス」とはラテン語で「空虚」「むなしさ」を意味する言葉で、
人生の無意味さ、虚栄のはかなさなどをテーマにした静物画のジャンルの一つです
死を表す骸骨や 時間の経過を意味する時計などが よく描かれていることが多いですね
倒れたグラスも いつかは壊れる、中身がないといった 虚しさの象徴のようです
それにしても 本当にリアルだし、構図もバランスがよくて美しい絵だと思います


  23451a39719a5faca9c8fb7d94a46836.jpeg
  ピーテル・デ・ホーホ「デルフトの中庭」
  (パイプを吸う男とビールを飲む女のいる中庭)1658~1660年


フェルメールの「小路」を思い出させるような絵です
この時代には ありふれたような場所だったんでしょうね
風俗画のコーナーには こんな ちょっと皮肉めいた、
庶民の生活を描いたものが多かったです
この使用人は ビール飲んでサボってるとしか思えません・・・



来年1月までと 長めの会期とはなっていますが
なるべく早いほうが いいような気がします
ルミナリエの頃見たら またロマンチックでしょうが
死ぬほど混むこと間違いナシ
 





*** 今回のチケット代は ・・・1300円でした! ***
  普通の前売り券 チケットショップも さすがに強気で安くなんない・・・ 


 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana




関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: おはようございます

> jacksbeansさん

エル・グレコはやっっv-8 
モリスは明石でしたでしょうか?

マウリッツハイスも エルミタージュも そこそこ混むとは思いますが
やっぱり 外せませんねー
神戸市立博物館だと jacksbeansさんの注目は 外の階段なのか 中の階段なのか、
気になるところですねv-353

NAME:ジョル | 2012.10.28(日) 16:50 | URL | [Edit]

 

おはようございます

マウリッツハイス展も、エルミタージュ展も、盛りだくさんでみごたえがありますね。う~ん、行きたいっ。
その代わり、エル・グレコ展とウィリアム・モリス展には行ってきて、もちろん"階段"の写真も撮ってきました^^

NAME:jacksbeans | 2012.10.28(日) 08:49 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

そうそう、トイレが3つ、風呂場が2つあるとかねv-8

シンプルなのに 奥の深い絵ですよねv-356
なんだかとても不思議な絵でした
りょーごろーさん、なにか心にやましいことでもあるんじゃないんですかぁ?v-290

レンブラントの自画像を弟子が模写したやつかなー?
でも 上手くなるためには 模写は必要だったみたいですよ
なかには それっぽく描いて お金儲けしちゃった弟子とかも
いたのかもしれませんけどね・・・v-12

NAME:ジョル | 2012.10.24(水) 21:18 | URL | [Edit]

 

こんばんは~
3LDKのマンションでも、リビングが50畳ぐらいあったりして(笑)

遂に、行かれましたか。
僕も真近で「真珠の耳飾りの少女」見ました。左側から見ると
少女が眉間にシワよせて、にらみつけてるように見えましたけど、
正面から見ると、違った表情が…、
僕の目は、おかしくなったのかな~(汗)

たしか、師匠の絵を弟子がパクッたみたいな、絵画がありましたよね??絵のタイトルを忘れてしまいましたが…

応援、ぽちぽち

NAME:りょーごろー | 2012.10.23(火) 21:59 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。