dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.03.27(Wed) 20:42
こんにちは ジョルです
スーパーのレジ待ちの行列に並ぶとき、「読み」がハズれて時間がかかってる時ほど
別に急いでないもんね!みたいな顔しちゃうのは私だけでしょうか
内心「ちっ」って思ってたりするくせにね・・・ うつわが小さいねぇ


阪急御影駅のそばにある 香雪美術館で 「小倉遊亀 慈愛のまなざし」 を見てきました


  13643943454720.jpg


 
 ◆小倉遊亀 慈愛のまなざし
 ◆

    香雪美術館  3月日9(土)~5月6日(月・祝)

 香雪美術館は 朝日新聞社の創業者・村山龍平が蒐集した日本、東洋の古美術コレクションなどを収藏する美術館として、昭和47年(1972)に設立されました。
 館名の「香雪」は茶人でもあった村山龍平の号であり、春と秋に「企画展」行っています。



香雪美術館は美術館自体も小さく、
古美術コレクションがメインなので あまり見に行く機会がないのですが、
今回は かなりメジャーな 小倉遊亀ということで 珍しく(失礼!)人が多かったです
しかし まぁ 会場にいたおばさまたちの にぎやかなこと!
(いつもは静か過ぎるくらいの美術館なのですが・・・)
あっ、でも 今日会場にいたお客さんの中で 私が一番若かったかもしれません
えげつないくらいに年齢高めってことかい


小倉遊亀の「遊亀」は「ゆき」って読むんですけど とてもかわいい名前だと思いませんか?
遊ぶカメですよ! なんとも のびりしていてほほえましい

2000年になんと105歳(!)で亡くなるまで 作品を描き続け、
今回 その2000年に描いた作品も展示されていました
やっぱり女性のほうが 元気かもしれませんねー

あの上村松園に続き 女性画家として二人目となる文化勲章を受章(松園のほうが20歳年上)
もともとは女子高の先生をしていたんですね


  ogura_01.jpg
  「姉妹(あねいもうと)」1970年


こちらの「姉妹」のように 人物、特に女の子を描いたもの多いような気がしていましたが
今回の展示では 花や果物などの静物画が殆どでした
(「姉妹」は今回展示されています)

そして 花や果物とともに描かれている皿や花瓶と ほぼ同じような現物が
絵といっしょに展示されていて ちょっと面白い展示の仕方になっていました
(実際に描かれている皿かな?と思うような そっくりなものもありました)


今回ちょっと珍しかったのが 「散華(さんげ)」
散華とは 寺院で法要を巌修する時に、諸仏を供養するために撒かれる蓮の形をかたどった色紙で
いろいろな作家さんが 寺に依頼されて原画を作成し、お寺に寄進するそうです

  kamesann.jpg
  小倉遊亀「散華(梅)」 薬師寺のものです

こんふうに ハスの花びらの形をしています(もともとは生花を使っていたため)
実際 こうして描かれたものは紙が厚くて 撒くには重過ぎるので
寺社のおみやげ品や 美術品として販売されていたりするらしいです
なんか この独特のフォルムが いいですよね
こんな変則的な形に絵を描くのって ちょっと難しそうな気がするんですけど
どの作品も そこは やっぱりいいカンジに仕上がっていましたよ←まさかの上から目線!?
絵ではなくて「華」とか「菩薩」とか 文字がどーんと書いてある物もありました


60点ほどの展示なので こじんまりしていますが
お庭の梅がちょうど咲いていたり、奥にはまだ蕾の枝垂桜があったり、
ほどよい散策になりました


  13643943620461.jpg
  椿と梅・・・え、まだ梅? でも梅だと思うんだけど・・・
  しかも一つの木から赤と白の花が咲いてました




*** 今回のチケット代は ・・・800円でした! ***


 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 




関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。