dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.04.01(Mon) 22:18
こんにちは ジョルです
実は結構「パズドラ」にはまっています
スマホのゲーム もちろん課金はしません


姫路市立美術館「レーピン展」の続きです(以前の記事はこちら


私が行ったのは会期終了の前日だったこともあって 予想以上に人が多かったです
あまり知名度も高くないし、ポスターも見かけたことがなかったので
あまり人はいないかも?って勝手に思い込んでいました

しかし 今回はいい意味で期待を見事に裏切ってくれましたね

歴史画や肖像画、風俗画など いろいろなジャンルの作品がありましたが
肖像画が特によかったと思います

会場の作品解説にもかいてありましたが 
レーピンは短縮法という方法をかなり頻繁に用いて肖像画を描いており、
またそれが めちゃくちゃうまいんです(まぁプロなんだから当然と言えば当然なんだけど)


  repin02.jpg
  「作曲家セザール・キュイの肖像」1890年
  この曲げられた手足の書き方が「短縮法」


レンブラントの影響を受けているともありましたが 納得の存在感!
レンブラントの肖像画は 描かれている人物の内面が画面ににじみ出てくるようですが、
レーピンの肖像画は 人物の内面があふれ出してくるようです


  repin01.jpg
  「作曲家モデスト・ムソルグスキーの肖像」1881年
  ムソルグスキーはこのとき入院中で この絵が描かれた10日ほど後に亡くなったそうです


また ガラリと変わって こんな絵も


  repin03.jpg
  「あぜ道にて-畝を歩くヴェーラ・レピーナと子どもたち」1879年

二人の娘と奥さん、画像では判りにくいですけれど その奥に子守に抱かれた長男が描かれています
傾きかけた夕方のやわらかな日差しが 家族を優しく包み
見ているこちらまで まぶしい西日思わず眼を細めてしまいそうになる絵です


正直、姫路まで遠いし、行こうかどうしようか迷ったけど 行って大正解でした
うーん、なんでこんなすごい人が あまり知られていないのかとても不思議
まぁ もちろん私の勉強不足もありますけど!



*** 今回のチケット代は ・・・900円でした! ***
     



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana





関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(6) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> シロクロさん

虐げられた労働者の絵!みたいな ゴツい絵も結構ありましたけどねv-356
この最後の絵は 印象派みたいな優しいステキな絵でしたよーv-344
ロシアの画家にしては 屋外での絵が多い画家らしいです

会場では「短縮法をわざと駆使して技量を見せ付けた」みたいな書きかたされてましたけど
単に好きだったんでしょう、きっとv-290

NAME:ジョル | 2013.04.05(金) 16:21 | URL | [Edit]

 

こんにちはー。

レーピンってこういう絵の人だったんですね~。
「怖い絵」しか覚えがないから、なんかゴツい絵を描く人なのかと…。
最後の絵なんて、光の具合とか全然印象が違って、教えてもらわなきゃ絶対分からなかったですー!!
ちょっとかしこくなりました!

一枚目は、「短縮法、盛り込んだったどー!」って絵ですね☆

NAME:シロクロ | 2013.04.04(木) 15:29 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> だまけんさん

巡回展って どこも同じ料金だと思ってましたけど こんなこともあるんですね
これからも色々比較してみようかと思ってますv-8 

世界史の教科書ですか! よく覚えてましたね!
そういえばうちの長男も 一切美術には興味ないけど 世界史で勉強したとかで
マネの「草上の昼食」を知ってたりしてましたね

NAME:ジョル | 2013.04.03(水) 21:46 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

あんまり更新してないので 久しぶりで十分ですよv-8

姫路自体はともかく、駅からも多少距離があるので余計遠いです・・・

> 「作曲家モデスト・ムソルグスキーの肖像」は、入院中に
> 描いたとは思えない、しっかりした絵画ですね!

ごめんなさーい!入院してたのは描かれているムソルグスキーのほうです!
レーピンは長生きしてます!
文章の書き方が悪かったせいで 誤解を招いちゃいましたね、すみませんv-356

時既に遅し! ハマってますv-355

NAME:ジョル | 2013.04.03(水) 21:38 | URL | [Edit]

 

こんばんわ!!
チケットが900円!東急文化村は地価が高いからでしょうか?。。。。
私も去年行きましたよ。
「ボルガの船曳」という作品は高校の世界史の教科書に載ってたのしょっとした感動でした。

NAME:だまけん | 2013.04.02(火) 20:30 | URL | [Edit]

 

こんばんは~
おひさで~す(笑)
姫路まで、足を運んだんですね。
お疲れ様です(笑)
レーピンは、理論的な画家って感じがしますね~
(短縮法??なんて、使うので…)
「作曲家モデスト・ムソルグスキーの肖像」は、入院中に
描いたとは思えない、しっかりした絵画ですね!

スマホのゲームにハマリすぎないでね(笑)

NAME:りょーごろー | 2013.04.02(火) 20:16 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。