dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.04.15(Mon) 06:50
こんにちは ジョルです
久しぶりに私でもわかるぐらいの揺れを感じた地震でした
ちなみに 午後の余震には気がつかず・・・


東京展に行かれた方にとっては「今頃?」って突っ込まれそうな
「ボストン美術館 日本美術の至宝」に行ってきました



ボストン美術館 日本美術の至宝

    大阪市立美術館  4月2日(火)~6月16日(日)
   
 美術館の所在地は住友家本邸のあった場所で、住友家から美術館の建設を目的に日本庭園「慶沢園」とともに敷地を寄贈され、1936年(昭和11年)に開館しました。
 代表的なものに、中国書画の阿部コレクション、中国石仏の山口コレクション、日本の蒔絵、根付、印籠等のカザール・コレクション、日本古美術の田万コレクションなどがあります。




東京、名古屋、福岡ときて 大阪が最後
やっときたかいというカンジです・・・


最初の展示室は 平安・鎌倉期の仏画ということで かなり照明が落としてあって神秘的
それでも かなり傷みが激しくて見づらい作品もありますが
よく考えてみれば ほぼ千年近くも前の絵ですから
こうして残っていることさえ 奇跡な気もしてきます

そんなに混んでいたわけでもないのですが 絵巻の展示だけは
どうしてもガラスケースに張り付いて 一列に並ぶようにして見ていくので
そこだけは激混みになっていました
なのでせっかちな私は 列のすきまを見つけては ちょこちょこと覗き見です


  makibi.jpg
  「吉備大臣入唐絵巻」(部分) 平安時代・12世紀後半


こちらは 遣唐使として唐へ渡った奈良時代の学者・吉備真備が、
唐人の難問に 不思議な力で立ち向かうという物語を絵画化した作品なのですが
そんな昔の作品とは思えないほど 人々が生き生きとしてユーモラス
特にそれを象徴しているのが 帽子の纓(えい)の動きです
あるときはだらりと下がり、またあるときはピンとはね上がって、人物の気持ちを表しているところなんて
まさに現代のマンガみたい
どんどん続きが読みたくなる、展開の上手さもさすがです


中盤には 狩野派、琳派、そしてあの伊藤若冲も登場!


  rakan_jaluchu.jpg
  伊藤若冲「十六羅漢図」(部分) 江戸時代 18世紀後半
  

墨の濃淡や筆の使い方まで、まぁいろんな技巧のオンパレードですね
今回一緒に展示されている「鸚鵡図」の緻密さとは また全然違います


そして最後は 曽我蕭白

  daragon_shohaku.jpg  曽我蕭白「雲龍図」 1763年


胴体部分が一部欠落していますが それでもこの迫力!
(あえてこのブログの横幅も無視してみました)
豪快でありながらも計算されつくした筆使い、凝った背景描写とは対照的な
すっとぼけた龍の顔が最高です


人は若干多めですが 大きい作品が多いので ゆっくり鑑賞することが出来ます
「雲龍図」はやっぱり必見!





*** 今回のチケット代は ・・・1280円でした! ***
  当日料金は1500円 いつもの激安チケットショップも前売り1300円から20円しか引かない強気ぶりです・・・     



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana





関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(6) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> シロクロさん

兵庫県内は震度4くらいだったみたいですけど 電車がちょっと止まったくらい?
震災を経験したかたとかは やはり怖かったんじゃないでしょうか
私でもちょっと怖かったしv-356

ブログの幅にあわせると龍の顔がよくわからないかなーと思って・・・v-290
私のブログなんかより芸術作品のほうが優先ですからv-353

NAME:ジョル | 2013.04.17(水) 20:40 | URL | [Edit]

 

こんにちはー。

何事もなかったですか?
あの辺りで地震って、聞いただけで血の気が引きました…。

入唐絵巻の、赤い服の人の纓がぴっ!てなってて可愛い☆
雲龍図のはみ出し具合…スケール感がわかる乗せ方ですね~。

NAME:シロクロ | 2013.04.16(火) 23:04 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

あの後も電話とか かかってきたりして 結局早起きしちゃいました・・・
やっぱり怖いですね地震・・・

特に大臣とかじゃなくて あんまり偉くない人たちとかの描き方が
結構 雑?なカンジで笑えます
吉備大臣はかっこよく描いてあるような気がしますv-290

NAME:ジョル | 2013.04.16(火) 21:02 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> だまけんさん

そりゃあ 絵は見る人の自由ですから どおくまんでもいいんじゃないんでしょうかv-8
そういえば「吉備大臣入唐絵巻」は赤塚不二夫っぽかったかも・・・?

NAME:ジョル | 2013.04.16(火) 20:57 | URL | [Edit]

 

こんばんは~
地震は、びっくりしましたね
すぐに目が覚めましたよ。

どの絵も、日本人独特の緻密さが伝わりますね。
「吉備大臣入唐絵巻」の顔の表情が、
おもしろいですね(笑)

NAME:りょーごろー | 2013.04.15(月) 22:52 | URL | [Edit]

 

こんばんわ!
曽我蕭白の作品がこの展覧会の目玉のようですが、私にはこの画家の作品がどおくまんに見えます。。。。

NAME:だまけん | 2013.04.15(月) 21:51 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。