dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.05.21(Tue) 14:30
こんにちは ジョルです
自分にはハーゲンダッツ、子どもたちにはスーパーカップです
やつらに必要なのは 質より量!


前々から楽しみにしていた アレに行ってきましたよ!
(どんなに楽しみにしていたかは こちらから)



 ◆幽霊・妖怪画大全集◆

     大阪歴史博物館    4月20日(土)~6月9日(日)
  

 古代の首都・難波宮(なにわのみや)史跡公園の北西端に 2001年開館しました。設置は大阪市教育委員会。地下1階に難波宮遺構が保存され、ガイドツアーによって見学が可能となっています。



  13557443095400.jpg


いやー、行ってみたらビックリの 人の多いこと!
いやいや、ガラガラだと思ってた私が失礼なのか?

月曜なので 振り替え休日なのか、子供連れのかたも多かったです
5月は運動会や土日参観などで、結構月曜が休みになることが多いんですよね
しかし こちらは火曜日休館なのがありがたい
振り替え休日に 子どもを博物館や科学館に連れて行きたくても 
大抵どこも月曜休館なんですから

もちろん浮世絵などの日本画ばかりなので いつものように熟年層も多いし、結構若者もいるし、
ものすごい幅の広い年齢層 
やっぱ みんな妖怪好きなんじゃん


会場に入ると なんと入り口に妖怪画の暖簾(のれん)が掛かっていて
まるで お化け屋敷に入っていくよう こってるねぇ
でも 中の通路にも 何箇所かこの暖簾が掛かっているので、
見通しが悪くて どっちに行ったらいいか迷ってる人も・・・
いえ、私じゃありませんよ


まず最初は ガイコツづくし

  13052001.jpg
  歌川広重「平清盛福原にて怪異を見る図」江戸時代


この絵、何度見ても好きですー
ものすごい数のガイコツがいて 見ていて飽きない
こんな私、おかしいでしょうか・・・


13052002.jpg
       アップにしてみました

松の枝に積もってる雪の一つ一つがドクロになってるし、木自体が ガイコツになってるのもあるし、
もちろん小山もドクロ
さすがにこれが本当の光景なら 気が狂っちゃいそうです
広重ったら こんな絵も描いてたのね、意外な一面発見しちゃったわ
って 惚れ直しちゃいませんか 奥さま

ガイコツが出迎えてくれた後は 「幽霊画」の世界です

今回の展示は やはり内容を考慮してか 子どもにも判りやすいような解説がついていたんですが
それが結構いっちゃってるのが特徴的というか、斬新でした

女性の生首を持っている女の幽霊が描かれた絵の解説文には
 「あなたのお父さん、浮気とかしてないかしら?」 みたいなスルドイ質問が・・・

 「はいっ、してまーす」

なんて 元気なよい子が答えちゃったら 幽霊・妖怪よりもある意味コワい・・
密かに凍りついているお母さんもいるかもしれない・・・あぁ こわいったら・・・

おまけに

 「なぜ、(浮気した男じゃなくて)女の首を持ってるかって? 
                それは(あなたたち子どもには)難しいわね」

なんて もうすでに子供向けちゃうし!
味のあるキャプションが このあとも目白押しでした


  13052003.jpg
  吉川観方 「朝露」「夕霧」一部(対幅の作品) 1948年 


こちらは現代の作品ですが 右側がお岩さん(四谷怪談)、左側がお菊さん(皿屋敷)だそうです
お岩さんが

 「幽霊であろうと女性なんだから 身だしなみに気をつけなきゃね、お菊さん!」

って張り切ってるのに お菊さんは
 
 「えっ、なんだって!?」

って 漫才みたいな解説がついてました・・・



楽しいので またまた次回へ続けちゃいます





*** 今回のチケット代は ・・・1000円でした! ***
    ・・・普通の前売り券ってことね


  
 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 



関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(6) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

>りょーごろーさん

お忙しいところ訪問・コメントありがとうございますv-290

ビミョーな関係のご夫婦とか こんなところで気まずくなるなんて
なかなかの盲点ですよね!
私は一人で行ったので楽しめましたがv-8
小さい子に「これどういう意味?」なんて聞かれても ちょっと困っちゃいそうですv-356

NAME:ジョル | 2013.05.23(木) 10:25 | URL | [Edit]

 

こんばんは~
お久しぶりで~す(笑)
いや~暑いですね~(汗)

幽霊・妖怪画大全集、怖そうな感じがしてたんですが、
ジョルさんの解説で、別の意味で怖くなってしまいましたよ(笑)
もし、夫婦でこの展示会に行って、その後、気まずくなるでしょうね(笑)

NAME:りょーごろー | 2013.05.22(水) 21:02 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> hesomamaさん

さすがhesomamaさん、この美術展を選ぶとは お目が高い!v-8
確かに 意外なほどの人気ぶりですよね!
私自身も あんなに面白いことになっているとは 思ってもみませんでしたv-290
でも 会場では、みなさん淡々と鑑賞されていたようなので
共感いただけて安心しましたー、とてもうれしいですv-343

NAME:ジョル | 2013.05.22(水) 12:17 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> だまけんさん

モノがものだけに 普通だったら あんまりくだけた解説はしないんじゃないでしょうか
祟られちゃったりしないことを願いますv-8
この展覧会、大阪の前に九州あたりで開催されていたようなんですが
そのときの解説文はどうだったんでしょう、気になります・・・
やっぱり こんなの 大阪だけかも?

NAME:ジョル | 2013.05.22(水) 12:07 | URL | [Edit]

 

私も行って来ました!
閉館ギリギリに行ったのにも関わらず、人いっぱいでした~
外国の方も多かったような。

点数多くてキュレーションも凝ってて最後まで飽きませんよね。
ジョルさんに、激しく共感しております。

後編も楽しみにしてます(*^^*)

NAME:hesomama | 2013.05.22(水) 01:31 | URL | [Edit]

 

こんばんわ!
 都内だと毎年谷中の全生庵というお寺で幽霊画の展覧会をやりますが、このような解説な一切なしです。
 関西の展覧会の方が親しみやすそうですね。
 

NAME:だまけん | 2013.05.21(火) 22:22 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。