dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.10.06(Sun) 12:11
こんにちは ジョルです
気が付いたら 実家のある駅(埼玉)から 横浜の元町・中華街まで
なんと乗り換えナシで 電車一本で行けるようになっていました・・・!
若かった頃、横浜 遠かったなぁ・・・


帰省したついでに美術館にも行ってきました
着いた日に寄って来たのは 山種美術館「速水御舟 ー日本美術院の精鋭たちー」




◆速水御舟 ー日本美術院の精鋭たちー

   山種美術館  8月10日(土)~ 10月14日(月・祝) 

山種美術館は 証券会社・山種証券(当時)と同社の創業者である山崎種二が蒐集した作品を保存・管理することなどを目的に設立された財団、山種美術財団によって1966年に開館した日本画専門の美術館です




山種美術館は初めてです そしてなぜかよく根津美術館と混同してしまいます
恵比寿駅から徒歩10分ほどですが 地図ではわからなかったけど
行きは 上り坂です・・・暑い・・・

山崎種二氏の美術館だから 略して「山種」なんですね マツケンサンバみたいなもんね
1966年開館だから 随分前からあったのに 若い頃はあまり日本画に興味がなかったので
今まで全く行く機会がなかったんです

展示室は地下一階で、さほど広くはありません
平日の4時ごろでしたが 人は結構多めでした


展示作品は 速水御舟、横山大観、下村観山、菱田春草、安田靫彦、前田青邨、小倉遊亀など
新しい日本画に挑戦していった日本美術院(院展)の画家たちの作品65点ほどです
こんな有名な人たちが同じ時代に活躍してたんだなぁと 改めて思うと すごい気がします
小倉遊亀なんて ちょっと間まで描いてましたし・・・(2000年に105歳で没)
速水御舟とは1歳違いでしたが 御舟は早くに亡くなったので とても昔の人のイメージ


  13100601.jpg
  速水御舟「牡丹花(墨牡丹)」1934年


展示室に入ると真っ先に目に飛び込んできたこの作品
墨の広がり具合、滲み具合が実に見事で 思わず見入ってしまいます
花とは対照的に 葉や茎は少しシンプルに描かれていて いい感じで脱力します
葉や茎まで 花と同じように描かれていたら 絵全体に力がありすぎてキツイ気がする・・・


  13100702.jpg
  安田靫彦「平泉の義経」1965年


後ろにいるのが藤原秀衡で 画面の左端に別れの盃がちょっとだけ描かれています
(この後、義経は頼朝の元に駆けつけるため平泉を去ります)
無表情ではありますが なんか二人の信頼関係というか、
「親子の情」みたいなものが伝わってくるような 不思議な感じのする絵です
それにしても 義経の持っている 豚のしっぽみたいなものはなんなのか・・・・?


これを一度見たかったために行ったと言っても過言ではありません


  13100603.jpg
  速水御舟「炎舞」1925年


実物は思っていたよりも小さめでした(縦約120センチ)
照明の当て方もあるんでしょうか、本当にぼうっと輝いているようです  
炎の描き方のせいか 宗教画のような厳かな雰囲気
いや、宗教画にしては 激し過ぎるんですけどね、炎が
舞っている蛾も あっという間に炎に巻き込まれていきそうな危さも感じます


一階でフィルムの上映もされていましたが 帰宅ラッシュの前に実家にたどり着きたかったので
早々に引き上げました






 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana



関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。