dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.10.13(Sun) 14:25
こんにちは ジョルです
末っ子なので 兄たちのお下がりの服が多い我が家の三男
それでも結構喜んで着てるのですが 今や一番背が高くなってしまったので
お下がりが着れないことも・・・残念!
長男が一番小さいという まさかの結末・・・すまんのう


9月、10月とあまりの暑さにダラダラしていたら、いくつか行こうと思っていた美術展が
そろそろ会期終了になることに気付いて ちょっと焦っています

その中の一つ、兵庫県立美術館「橋本関雪展」に行ってきました



生誕130年 橋本関雪展◆ 


   兵庫県立美術館   9月14日(土)~ 10月20日(日)
                 
 建築家安藤忠雄により前面の海に接するなぎさ公園と一体化して設計されました。 館内は通路が巡らされ、建物そのものを鑑賞の対象とするような空間で構成されています。
 



唐突ですが 行ってみてわかった今回のビックリポイント

 1.関雪は兵庫県神戸市出身だった
 2.しかも金山平三と同い年で家もご近所
 3.動物画は晩年になってから描いた
 4.竹内栖鳳の弟子だった時期がある

橋本関雪記念館というのが 銀閣寺の近くにあるので てっきり京都の人だと思っていました
しかも 洋画家の金山平三と同い年で同じ市内に住んでいたので
金山平三が所蔵していた関雪の絵というのも 展示されています
(金山平三の父と知り合いだったらしい 
 ちなみに 北大路魯山人、高村光太郎、小林古径も同じ1883年生まれ)
関雪は私にとっては動物画の人だったので 晩年になってからしか描いてないことに驚き、
竹内栖鳳の弟子だったことには 妙に納得

なので 今回も動物画が見たかったのですが そういった作品はあまり数はなく、
中国の故事を題材とした 屛風仕立ての人物画や南画などが殆どでした


13101201.jpg
「木蘭」1918年


こちらは実際は六曲一双の屛風絵です
大体が こちらと同じような形で 大きい作品が多かったですね
この「木蘭」というのは 木蘭という女性が 年老いた父の代わりに
男装して自分が兵となって戦いに行くという 中国のお話のようです
左側で 休息を取っているのが その木蘭
右側にいる男性の説明はいっさいありませんでした・・
(仲間にしてはふけ過ぎな気がするけど、老父にしては若過ぎ???)


  13101202.jpg
  「僊女」1926年


どこかで見たことあるかも・・って思っていたら 西宮大谷記念美術館所蔵だったので
そこで見たのかもしれません
姫路市立美術館所蔵のものも 見覚えのあるものがありました


・・・全体的に どうも私には人物があまり魅力的ではない気がするんです
周りの木や 草などの描き方は好きなんだけど
どうも 大人し過ぎるというか、人まで景色になってしまってるような・・・

ということで やっぱり動物画


動物は どの絵も とってもいいお顔をしています


  13101203.jpg
  「薄暮」1938年ごろ

  13101204.jpg
  「玄猿」1933年


んー、残念、画像では あの生き生きしたカンジが全然伝わりませんね・・・

以前 確か京都大丸ミュージアムで橋本関雪展があって見に行って以来、
この人の描く動物は とても好きなんですが
鷲とか 鳥もいいんですよ
でも調べてみたら そのときも動物画だけじゃなくて様々な作品が展示されていたようなのに
なぜ 動物画しか覚えてなかったんだろう?
まぁ もともと私の記憶力なんてその程度なんでしょう



*** 今回のチケット代は・・・1300円でした! ***
  うーん、ちょっとお高め






 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana


関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

わーい、おひさしぶりですv-343
お仕事、お忙しいのでしょうか・・・
美術展でも見て 気分転換してくださいねv-290

> 「僊女」は、顔が聖徳太子に似ているような…

そ、それは女性に対して あまりに失礼では・・?v-8

NAME:ジョル | 2013.10.16(水) 12:58 | URL | [Edit]

 

こんばんは~
おひさしぶりでございます。
ジョルさんは、お元気そうでなによりです。

芸術の秋ですから、僕も、どこかの美術展を
見に行きたいですね。

「僊女」は、顔が聖徳太子に似ているような…

NAME:りょーごろー | 2013.10.14(月) 22:14 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。