dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.10.31(Thu) 20:54
こんにちは ジョルです
デパートでトイレに行ったら パウダールームが やけに賑やかなので
おばちゃんの集団がたむろしているのかと思ったら 出てきたのは二人でした
びっくりしました
しかも私より年下っぽかった・・・


家を出たのが午後2時でしたが 京都まで行ってきました



◆ 京都・美のカプセル ◆

     京都文化博物館    9月12日(木)~12月1日(日)
               
京都文化博物館は京都の歴史と文化の紹介を目的とし、1988年(昭和63年)に開館しました。旧日本銀行京都支店の建物は現在は京都文化博物館の別館として使用されています。




なんと こちら夜7時まで入館できます 素晴らしい
そして チケットは500円 こちらも素晴らしい

さて 今回の展示は ちょっと こっぱずかしくなるようなタイトルからもわかるように
京都府の所蔵品の中から 様々な分野の色々な作品が 
2フロアに渡って たっぷりと展示されていました

なので 江戸時代の着物とか、現代の焼き物とか、昔からの郷土玩具とか、
そりゃあもう いろんな作品てんこもりです
というわけで 全体的にさらっと見ても 結構時間がかかります

絵画は 全体の1/3くらいでしょうか
富岡鉄斎池大雅の屏風絵など、伝統的な日本画もありましたが
近代の絵も 多かったですね


  13103102.jpg
  富岡鉄斎「懸崖図」 1909年


  13103101.jpg
  山口華楊「白鷺」 1961年


私の好きな山口華楊の作品もありました 
真ん中の鷺の 流れるような美しいフォルムと その左側の鷺の表情が素敵でした

知識不足なため、知らない画家の作品もたくさんありましたが
中路融人の「耀」という作品が とても美しくて印象に残りました


全国各地の郷土人形も ものすごくたくさん並べられていて
ちょっと コワイ・・・

  13103103.jpg

これは京都の伏見人形ですが 人ばかりでなく 動物や魚、鬼など
いろんな人形がぞろりと並んで 最後のお見送りをしてくれてました
(そこが最後の展示なので)
よーく見ると 個性的なのもあって そこそこ面白いんですが
数が多過ぎて いちいち解説してくれていないので よくわからない・・・

京都府、いろんなコレクション、持ってますね


7時半まで見ることができますので(入場は7時まで)時間がかかっても大丈夫!
ワンコインでかなり楽しめます





*** 今回のチケット代は・・・500円でした! ***
  


 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana














関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。