dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.11.10(Sun) 13:01
こんにちは ジョルです
「三つ子の魂百まで」って 最初聞いたとき、
 「とんきち、かんた、ちんぺいって 長生きなんだなー」
って感動した私は 素直で純真な子どもだったと思います
「おやつあげないわよー!」なんて苦難にもめげないしね
あっ、世代的に「?」な人は スルーしちゃってくださいね


意外と紅葉も色づきはじめていた京都に行ってきました



 ◆竹内栖鳳展 近代日本画の巨人

     京都市美術館    10月22日(火)~12月1日(日)
   
京都市美術館は、昭和8年11月、東京都美術館に次ぐ日本で二番目の大規模公立美術館として設立されました。1928年(昭和3年)に京都で行われた昭和天皇即位の礼を記念して計画が始まったため、当初は大礼記念京都美術館という名称でした。本館の設計は前田健二郎。




近代日本画の「巨人」ということで 大きい作品、多かったです←意味が違う?

平日の午後でしたが やはり結構人も多く、年代層も高め
とはいえ、入り口付近は場所が狭かったため 混雑していましたが、
中に入れば そんなに見づらいほどではありませんでした

日本画の場合、絵のタイトルがちょっと難しいので 英訳が付いていたりするのですが
これがまた「まんま」だったり、「へー、そう訳しちゃう?」な時もあったり、
私は結構密かに楽しんでいます
正直、漢字が読めないときもあるのよね 一応漢検二級持ってるんですけど・・・
ちなみに「和暖」という作品のタイトル、ちょっと「うーん・・・」という訳し方でした
確かに難しいだろうなぁ・・・


「栖鳳」は最初「棲鳳」と書いていたようですね
その頃の作品から展示されていますが やはり龍図などの動物画が魅力的な気がします
(龍図が動物画でいいのかは この際気にしない!)


  13111001.jpg
                                (右隻)
  13111002.jpg
  「百騒一睡」1895年                  (左隻)


スズメの数がスゴイです でも色々なスズメがいて楽しい
他にもスズメが描かれている作品が 結構ありましたね
親犬は寝ているのか、寝たフリしてるだけなのか とてもいい表情です

栖鳳は36歳のときにヨーロッパに7ヶ月ほど滞在し、
その頃 動物園でライオンなどをスケッチしているようです
また、ターナーやコローなどに強い影響を受けました


  13111003.jpg
  「金獅」1901年頃


「和」の金屏風に 洋画風の「獅子」
とても カッコイイ
手(前足というべきか)の先まで質感がたまりません


もう日本画?西洋画?っていうくらい 不思議な屏風絵です

  13111004.jpg
  「羅馬之図」1903年


どっちでもいいですね、そんなこと!ってなるくらい 幻想的で素敵な絵です


一人の画家であっても 色々な絵が楽しめる美術展でしたね
あまり今まで見たことのない画家だったので 沢山の発見がありました

会期が分かれているため、今回 猫ちゃんには会えず、ライオンちゃんでした
結構展示替えする作品が多いようですね うーん、もう一回行くか・・・
まだこれから混んできそうな気がしますが


*** 今回のチケット代は・・・1080円でした! ***
 当日券だと1300円です! チケットショップにGO!  



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana









関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。