dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.11.25(Mon) 21:57
こんばんは ジョルです カゼひいてました
ゆるキャラグランプリ、その楽屋ウラとか見てみたいです
きっと壮絶だろうなー
「あー、もー今日もあっつい~」 「ト、トイレどこーっ?もれちゃうーっっ」 「いてっ、よく前見て歩けよ!」


ちょっと”ひとくせ”ある展覧会が多いような気がする大阪歴史博物館に行ってきました



 ◆戦国アバンギャルドとその昇華 変わり兜×刀装具◆

     大阪歴史博物館  11月2日(土)~12月8日(日)
  

 古代の首都・難波宮(なにわのみや)史跡公園の北西端に 2001年開館しました。設置は大阪市教育委員会。地下1階に難波宮遺構が保存され、ガイドツアーによって見学が可能となっています。




   13112501.jpg



実は 終了間際に行ってきたので記事にはしなかったのですが
9月に行った香雪美術館の「武家の装い」を見て やっぱり刀とか鎧とかいいなー
と思ったので こちらの展覧会にも行ってみようと思いまして
で、結論から言うと・・・・


めっちゃおもしろかったー

ポスターの写真にあるような兜がズラリと並んで まぁ壮観なこと!
この鹿のツノみたいな兜も 近くで見ると本当に大きくて・・・
邪魔


  13112502.jpg
  黒熊毛椎形兜(くろくまげしいなりかぶと) 桃山時代


こちらの兜は 天正18年(1590)に伊達政宗豊臣秀吉から拝領したものだそうです
写真でもよくわからないと思いますが 実物を見てもワケがわかりません
団扇(うちわ)のようなものが二枚付けられていますが それが横に来るのか?前なのか・・・?
秀吉のセンスのなせるワザか、はたまた元祖”伊達男”に対するただの嫌がらせなのか・・・
歴史って 本当に奥が深いですねー


  13112504.jpg
  黒漆塗桃形大水牛脇立兜(くろうるしぬりももなりだいすいぎゅうわきだてかぶと) 桃山時代


こちらは雄雄しく しかも美しい角が付いています
それなのに なぜかワタクシは 昔うちの子どもが大好きだった
「ムシキング」を思い出してしまったのでした・・・
ちびキングもいたな、そういえば


  13112503.jpg
  熊頭形兜(くまがしらなりかぶと) 江戸時代


こちらは もはや「かぶと」と「かぶりもの」の違いは いったいどこからなのかという
新たな疑問すら 私たちに投げかけてくるようです


  13112506.jpg


こんなのかぶられたら うかつに振り向くことですら大惨事となりえましょう
不用意に後ろから呼びかけないでね 「あのー、ちょっとすいませー・・・」「ギャーッ!」


もちろん わりと普通でかっこいいのもありましたが
どれも細工とか技術的には ものすごく素晴らしいものばかりです

それは 刀にも言えることで 刀は部品などがもっと小さいので 
さらに細かい金細工などが施されており、ガラスケースにへばりつきながら見とれてしまいました
日本人の美意識って 本当にすごい


  13112507.jpg
  朱塗小刻鞘打刀拵(しゅぬりこきざみさやうちがたなこしらえ) 江戸時代末期



兜も刀も武器でありながら 実質的な役割だけでなく 象徴的な意味合いもあるし
時には 褒章として与えたり、見せびらかして自慢してみたり、
武士社会の一種のコミュニケーションツール(?)みたいな 色々な「顔」があるような気がしました

明治になって 武士の世の中が終わると こうした技術も残念なことに失われてしまいます
こういう貴重な資料は大事にしていって欲しいですね


それにしても こういう展示では 細かい部品名などの専門用語とかが難しく、
そもそも 刀や兜の仕組みすら よく理解していないので
ちょっと勉強しておいたほうがいいんじゃないかと思うのですが
そんなの どうやって どこから勉強したらいいのか、ちょっと途方に暮れています
入門書とかあるんだろうか?




*** 今回のチケット代は・・・300円でした! ***
  当日1000円、前売り800円なのに このお値段! 大阪第4ビルのチケットショップがすご過ぎる



 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana









関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> だまけんさん

はい、やっぱり男性のお客さん、多かったですv-290
女性だと一人で来てる人(私もそうですが)、あと学校で来てる小学生とか・・・
予備知識があったら もっと楽しめたと思います!
それにしても 300円はおいし過ぎましたv-343

NAME:ジョル | 2013.11.29(金) 22:44 | URL | [Edit]

 

 ジャンプの「花の慶次」にハマった世代にはたまらない展覧会です。息子を展覧会に連れていくしたら、こういうものが良さそうだとも思いました。

NAME:だまけん | 2013.11.28(木) 21:48 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。