dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.03.04(Tue) 23:34
こんばんは ジョルです
美容院のメンバーズカード、スタンプが溜まって今度行ったら記念品をもらおう!
と思っていたら 先月いっぱいで閉店してました
そんなに私がキライか!?


哀しいお話です


私が小学5年生のとき、我が家のお雛さまは捨てられてしまいました
引越しの荷物整理の一環として・・・

あまり大きくないガラスケース入りの五段飾りくらいのものだったと思います
当時父親が転勤が多かったので 大きいものを買わず、
小さくて持ち運べるものにしたそうですが
皮肉なことに 私が生まれてから転勤はなく、
単に家を買ったことによる引越しで捨てられてしまいました

捨てたときのことは なんとなく覚えていて 
母に「これ、もういらないんじゃない?」って言われたので
「うん」って あっさり言ってしまった気がします

大きくなってから ちょっとあり得ないことをしてしまったことに気付きましたが
すでに after the festival

早く仕舞わないと 嫁に行くのが遅くなるのであれば、
年頃になる前に捨ててしまった自分は 果たしてどうなってしまうのか?

なんのことはない、ふつうに26才で結婚

しかし、当然(?)女の子には恵まれず、三人産んでも男ばっかり
自分としては男の子が欲しかったので満足してるけど
女の子が欲しかった夫はちょっとかわいそう?
これも お雛さまの「呪い」なのでは?
というより、お雛さまに嫌われてしまったのかもしれません

男ばかりなので 毎年3月3日は何事もなく過ごしていますが
ちょっとだけ 申し訳ない気持ちになるのは 死ぬまで続くような気がします



今ならたとえ小さくても 怖くて人形なんて捨てられないけど!
うちの母は そういうの全然怖がらない人です




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana


関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:日々の中で 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。