dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.04.27(Sun) 17:04
こんにちは ジョルです
夫の「あそこの店、この間見たらもう無くなってたよー」というメールを読んですぐに
グーグルマップで確認した私はヒドイ妻でしょうか?
でも案の定、夫の勘違いが判明・・・やっぱり!



友人が唐突に
 「アンドレアスなんちゃらが見たい!」←最近著しい記憶力の衰え
という ワケのわからんことを言い出したので
私がきちんと詳細を調べ、チケットショップまで行って(当日)格安チケットを用意し、
至れりつくせりで お供させていただきました



 ◆アンドレアス・グルスキー展
 
     国立国際美術館   2月1日(土)~5月11日(日)

  国立国際美術館は1977年に設立。当初は大阪府吹田市の万博記念公園にありましたが、2004年中ノ島へ移転しました。設計者は建築家シーザー・ペリ。美術館としての機能を果たす主要部分を全て地下に収めたユニークな建物で、エントランス・講堂、レストラン、ミュージアムショップなどは地下1階に、展示室及び収蔵庫は地下2・3階にあります。




阪急梅田駅に降り立ち、大阪第四ビルまで行って グランフロントでランチして
中之島の国立国際美術館に行く・・・これだけで すでに一万歩くらい歩いていそうな勢いです

グランフロントも もういつのまにか一周年だそうで 
私は今回初めて行ったんですけれど
まぁ レストラン街しか行っていないのもあって、
何が「売り」なのか 何が人気なのか、特にはわかりませんでした
レストランも人気店はすでに行列ができてましたけど、
私達はなんのこだわりもなかったので 思っていたよりすんなり入れましたね
それより待ち合わせした三越伊勢丹がヤバそうでした・・・あまり人がいない



アンドレアス・グルスキーはドイツの現代写真家、現在も活躍中らしいです
現代の写真ですから デジタル技術が駆使されてるんでしょうけど
言われないとわからないような写真ばっかりです
素直なわたくしなんて コロっと騙されてしまいそうですわ、ええ

しかし今回の展示、まぁ、わかりにくいことと言ったら!
作品名はまったく表示されていないし、作品番号も書いてあったりなかったり、
書いてあっても なぜかとんでもなく作品から離れたところに ぽつーんと     「24」 
みたいな?
ちなみにジャック・バウアーではありません

入り口で作品名や展示場所の書かれたパンフレットを渡されるので
それを頼りに見ていくわけですが、
解説されている番号と 実際展示されている順番はバラバラだし、展示室も結構入り組んでるし、
パンフレットの字は小さいし(これは年齢的なものですけど!)
ああ、もうイライラする! わたくしがいるのはどこ?どの作品の前にいるの?状態です
友達も自分の位置を正しく把握できていなくて
作品名を勘違いして「???」状態になってたらしい・・・
(美術展ではお互いのペースで鑑賞していますので別行動)

個人的には「バンコク」シリーズが良かったですね
私にも加工してるのが判るし、とても綺麗だったので
「99セント」という作品も印象的
あんなに沢山のモノが映っているのに 隅から隅までピントが合っている写真というのも面白いですね
ありそうでありえない光景、日常的なようで非日常的・・・


でも 加工したデジタル写真って・・・
アナログ写真で生きてきた(?)私みたいな人間には どうも何を考えているのかわからない、
どこか信用しきれないヤツみたいな ちょっと受け入れにくい存在でしたね、最後まで

作品数は51点、大きい作品が多いので わりと短時間で見終わります
(終了間近とはいえ、人も少なめでした)
これで1500円は 正直どうなの?っていう気がしますが
私たちは980円でチケットを入手しましたので まぁ暴れることなく済みました
もちろん友人からは大変感謝されましたわ




 ご訪問ありがとうございます!
        お時間がありましたら 一手間お願いします


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

bana





関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(0) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。