dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.12.18(Sun) 21:57

こんにちは ジョルです
今年もあと2週間、年賀状の準備もそろそろしないとね

前回の 京都市美術館のあと、地下鉄 東西線・烏丸線と乗り継ぎ、
JR京都伊勢丹にある 美術館「えき」KYOTOで開催されている
「ガレとドーム ~四季の花~」 に行ってきました



北澤美術館所蔵ガラスコレクション
    ガレとドーム  ~四季の花~ ◆


    美術館「えき」KYOTO 11月18日(金)~ 12月26日(月)
                 
美術館「えき」は 京都駅下車すぐの JR京都伊勢丹の7階にあります。
古典から現代アートまで、ジャンルを問わず、国内外のさまざまなアート作品を紹介する展覧会を年11~12回開催しています。



こちらの美術館はデパートの中にあるので
開館時間が 比較的長く(午後8時まで)、無休なのがウレシイ
普通は 5時閉館、月曜定休ですからね・・・

今回の展覧会は 題名にあるとおり、
長野県にある「北澤美術館」の所蔵品が殆どです
ここの アールヌーボー期のガラス工芸品は世界有数のもので
諏訪市にある本館のほか、同市に新館、
山梨県清里にも 清里北澤美術館というのがあるそうです


さて ガレとは エミール・ガレ
アールヌーボーを代表する フランスのガラス工芸家です
一方 ドームとは オーギュストとアントナンのドーム兄弟
やはり フランスのガラス工芸家

活躍した時代も ほぼ同時期で 
15世紀ごろからガラス工芸が盛んだった フランスの都市、
ナンシーに ガレもドームも工房を持っており、
後に「ナンシー派」と呼ばれる 芸術派の中心になりました
ドーム兄弟は もともとナンシーに住んでいたわけではないのですが
戦争の影響で 移り住んできたようです

ガレは ナンシー生まれなので 自然豊かなこの地方での暮らしが
作品づくりに かなり影響を及ぼしているようです
今回は 「花」がテーマでしたが
ガレの作品といえば 「昆虫」がモチーフになっている作品が
結構印象的です
留学中の日本人画家とも交流があったそうなので
日本美術の影響も感じ取れます


展示作品が デリケートな ガラス製品ということで
もちろん 作品は全てケース内に 収められており、
展示室自体は 照明を落として 作品それぞれに
上から スポットライトを当てているので
暗闇に ガラスの花瓶や壺が 浮かび上がって 
それはそれは幻想的です(長い文章だ・・・)
ランプも何点かあって もちろん明かりを灯して展示されています



    gare_01_01.jpg
    ポスターで見るのと 「趣」が全然違います



それぞれ 特徴的な技法とかあるんだと思いますが
パッと見て どれが どっちの作品か、あまりわかりません
ガレの作品は 何度か見ているので
なんとなく 「ガレっぽい」 のが 少しわかる程度・・・



日の落ちる時間が早くて ちょっぴり心が寂しく感じる、
そんなこの時期に ぴったりな展覧会ですよ



ロマンチックに決まったでしょ



*** 今回のチケット代は・・・600円でした ***
   ちなみに前回もらった割引券を使用  本来は800円です





お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana
関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(8) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: No title

> シロクロさん

ガレとかの展覧会だと ガラス工芸についての
説明がかいてあったりするんだけど
いつも よくわからない・・・v-356
要するに 難しいことやってんのねぇ・・で終わっちゃいますv-290
私も天保山で ガレ観たことあるけど・・・一緒かな???
5年くらい前だから違うかも?

いつもロマンチックに締めようかしらねv-343

NAME:ジョル | 2011.12.22(木) 22:32 | URL | [Edit]

 

No title

こんにちはー。

まだ関西に居たころ、天保山のサントリーミュージアムのガレ展に行ったことがあります~v-344
その時は、蜻蛉のモチーフのものがポスターに使われていてメイン作品だったと思います☆

ガレのガラスって、もうどうやって作ってるのか、想像もつかないような物ですね。
特に色!
もう、本当にガラス…?という感じです。

ロマンティックな締めですねv-398
ガラス製品の展覧会は照明が凝っていて、ムードがありますね♪

NAME:シロクロ | 2011.12.21(水) 23:19 | URL | [Edit]

 

Re: No title

> K'sさん

エライねぇv-343
着々と新年を迎える準備がすすんでるねぇv-353

NAME:ジョル | 2011.12.21(水) 21:19 | URL | [Edit]

 

No title

こんばんわぁ~v-280

ガラス製品v-272は。。。
(# ̄З ̄) シンプルなほうが好きだよー

年賀状も終わったしー♪
来週は、半日で大掃除だぃv-290

NAME:K's | 2011.12.20(火) 21:01 | URL | [Edit]

 

Re: No title

> りょーごろーさん

なるほど 写真だと そう見えるかもしれませんねv-353
ガラスといっても ほとんど不透明なものばかりですもんね
光を当てると 透明感が出るので
とっても きれいですよv-343

NAME:ジョル | 2011.12.20(火) 20:47 | URL | [Edit]

 

Re: No title

> K'sさん

私だって 旦那の分、義母の分、次男・三男の分(これは手伝い程度)の
年賀状はやったわよv-364
自分の分だけ まだなの・・・

いろんな虫とか 花とか 木の実とかくっついている
ガラスも おもしろくてよいよ~v-343

NAME:ジョル | 2011.12.20(火) 20:45 | URL | [Edit]

 

No title

こんばんは~
いつも訪問とコメントありがとうございます。
ガラス工芸は、見た目が陶器に見えますね。
でもポスター越しで、見るより、
実際に見ると、かなり凄いんでしょうね。

NAME:りょーごろー | 2011.12.19(月) 21:42 | URL | [Edit]

 

No title

こんばんわぁ~v-280

えっv-11 マジっすかぁー
まだ年賀状 書いてないのぉ~
私は、カラーレーザープリンターだからぁ
この前の日曜日 2時間でぇ 終了したよーv-290

エミール・ガレの作品は・・・
ほとんどぉ キノコみたいだねー
ドーム兄弟もぉ ガレとぉ 色彩感 同じだしー
(# ̄З ̄) キノコっぽいしー

ガラス製品 わぁ
バカラとかぁ 切子のほうが いいね!!

NAME:K's | 2011.12.19(月) 21:39 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。