dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.01.21(Sat) 13:25
こんにちは ジョルです
最近 お天気悪くて 洗濯物が乾きません・・・

さて 早く行かなくてはと思いつつ、ついつい先送りにしていた 
美術館「えき」KYOTOで開催されている
 「北斎の富士」を 昨日観てきました



開館15周年記念 生誕250年記念展
    北斎の富士 ~冨嶽三十六景と富嶽百景~ ◆


    美術館「えき」KYOTO 1月2日(月)~ 1月22日(日)
                 
美術館「えき」は 京都駅下車すぐの JR京都伊勢丹の7階にあります。
古典から現代アートまで、ジャンルを問わず、国内外のさまざまなアート作品を紹介する展覧会を年11~12回開催しています。



今週末までなので ぎりぎりになってしまいましたが、
生憎の天気だし、この季節だし、2時半というハンパな時間だし、
軽い気持ちで中に入っていくと さぁ大変!
とんでもなく 混んでいました

いやぁ やっぱり 北斎ですねぇ 大人気です

今回またなんと 「冨嶽三十六景」、「富嶽百景」ともに
全作品を揃えての展示ですからね

葛飾北斎は 1760年生まれで 
「冨嶽三十六景」は、1823年頃に製作を開始したそうですから
すでに 60過ぎということになります
さらに「富嶽百景」は 1834年刊行ですから すごい体力・・・

ちなみに 「冨嶽三十六景」は 実は46図、
「富嶽百景」は 102図あるんですね
「冨嶽三十六景」は人気が高かったので 後から 10図追加されたそうで、
「富嶽百景」は 3冊で構成されているので 3の倍数で102なんでしょう
しかも 「嶽」と 「嶽」みたいです・・・

最初は「冨嶽三十六景」から、しかも 1番目はあの有名な


  320px-The_Great_Wave_off_Kanagawa.jpeg
  「神奈川沖浪裏」

今回 何点かの作品は 「変わり刷り」といって
同じ絵でありながら 微妙に色が違う作品が 並べて展示されおり、
比較できるようになっています
この作品も 2枚展示されていました

浮世絵というのは 基本的に木版画なので、
絵師(北斎など)・彫師・刷師というように、
それぞれの作業が 分業化されています

人気が高い浮世絵だと 何度も刷りの作業を繰り返すので、
色合いが変わったり、
版木が磨り減って 線が劣化したりすることがあります

一般的には 後から刷られたもののほうが、
わずかに色数が多いようですね

しかし ずらっと 46枚並ぶとすごい圧巻です
(実際は 変わり刷りなども含めると 50枚以上かも・・・)
作品保護のため、証明が暗めなので ついつい近寄って観てしまいます
すいているところをねらって、あちこち動き回るアヤシイ人に・・・

あまり良い状態じゃないのも 少しあったけど
全部「富士山」ですからね、すごい人です
たまに あれっ、富士山どこ?っていう絵もあったり、
こんなのあり?なんてのもあるけど、
実際はともかく、構図のセンスなんて 抜群です
海外の人も さぞかし驚いたことでしょう


さて 今回のお気に入りは こちら


 img145725cf8g6ihs.jpg
 「駿州江尻」

突風が吹いて 懐紙や笠が飛ばされていく一瞬を 見事に捉えています
見ているこの絵も 飛んでいってしまいそうな気になります

結構 人物が描きこまれている作品が多いですが、
一人一人見ていくと 本当に いろんなことをしていたり、
表情があったりして 見ていて飽きないです

長くなってしまったので 「富嶽百景」については また次回 




お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana



関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: No title

>りょーごろーさん

もうちょっと早めに 行っておいたら
少しはマシだったかも・・・
そうですね、ちょうど90歳で亡くなったらしいですv-290
だから 70代なんて まだまだ元気だったんでしょうねv-356

NAME:ジョル | 2012.01.22(日) 15:21 | URL | [Edit]

 

No title

こんにちは~
いつも訪問とコメントありがとうございます。
北斎は超有名ですから、混むのは仕方がないですね~
たしか、北斎は長生きして90歳代まで、生きてたような~?
記憶違いかな。
北斎の絵は、やっぱ、ハズレなしですかね。

NAME:りょーごろー | 2012.01.21(土) 16:43 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。