dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.19(Sun) 15:20
こんにちは ジョルです
「加藤剛」を検索して このブログに来ていただいた方がいたみたいですね
・・・ごめんなさい (その理由は こちら

さて 今回の美術館はこちら

20120128100749.jpg

屋上から「美かえる」が 見守る兵庫県立美術館です


今回は珍しくコレクション展です
コレクション展とは そこの美術館が所蔵している作品で
構成されている美術展です
今回のテーマは 「美術の中のわたし」

8000点を越える県立美術館のコレクションの中から
有名人に扮した自画像を含む さまざまな自画像などを中心に
”わたし”をテーマにしたコレクションが紹介されています

大抵 特別展のチケットを購入すると
コレクション展も それで観ることができるのですが
特別展だけで 結構疲れるので 今まで観たことがなかったんです

ということで 初めての体験でしたが
まぁ やっぱり コレクション展だけで 
十分お腹いっぱいの ボリュームでした

一階に 展示室が5つ、二階には 小磯良平記念室金山平三記念室
小企画の展示室があり、かなりの広さがあります


こちらのコレクションで有名なのは やっぱりこれ

  koiso_sai.jpeg
  小磯良平「斉唱」 1941年

しかし 今は滋賀県立美術館に貸し出し中でした

この絵、足元と 顔のあたりの位置関係が 微妙にズレてるし、
同じ顔の人が 何人もいたりして
ちょっと不思議な絵なんですけど、
この絵の前に立つと 穏やかで敬虔な気持ちになります

小磯良平は1938年に従軍画家として戦場に赴き、
その後戦争画を描きました
(国民の戦意高揚を煽るための政策のひとつです)
これが画家にとって 生涯つらい思い出になったことを思うと
この絵に込めた想いが切なくて そんな気持ちになるのかもしれません

この絵は今回展示されていませんが 小磯良平記念室では 他にも有名な
「T嬢の像」や「スペインの女」など 
小磯作品らしい きれいな女性の肖像画などを観ることができます


一階には この小磯良平の自画像から、
横尾忠則、アンディ・ウォーホル、菅井汲など
現代アートが 少し多めの展示になっていました

特に ウォーホルのミック・ジャガー(ローリングストーンズ)を描いた連作、
しかもミックの自筆サイン入り(!)は かなり迫力ありましたよ
もちろん若い頃のミックです

機会があったら また他の美術館のコレクション展も 行きたいですね





お時間がありましたら 一手間お願いします

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 





 

関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(8) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> シロクロさん

山田五郎さんには解説してもらえないけれど
ボランティア解説員の人が解説してましたよv-8

どうも ウォーホルって写真とか使ってるから
「他人のふんどし」的な印象がします・・・v-356

NAME:ジョル | 2012.02.22(水) 11:18 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

海と山が近いところは 他にもいっぱいありそうですけど
神戸ほど 人が集まって 都市になってるところは
少ないですよねv-353

NAME:ジョル | 2012.02.22(水) 11:13 | URL | [Edit]

 

こんにちはー。

すごく面白そうなテーマのコレクション展ですねi-185
「ぶらぶら美術・博物館」で山田さんに解説してもらえたら、とても深く味わえそう!

日本ので、こういう、集団がいる風景を切り取った写真みたいな構図って少なそうですね。

そのウォーホル作品は、想像しただけでもパンチが効いてる感じがしますi-229





NAME:シロクロ | 2012.02.21(火) 23:33 | URL | [Edit]

 

こんばんは~
いつも訪問とコメントありがとうございます。
たしかに神戸は山が近いですが、海も近いですよね
海と山に挟まれた街なのに、人口が多いんですから
驚きですね!
応援、ポチっと

NAME:りょーごろー | 2012.02.21(火) 21:47 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

一人一人の顔は あまり魅力的じゃないかも・・・
でも たくさんいると やっぱり華やかではありますねv-353
この人の描く女性像は とても上品で綺麗なんですが
これはちょっと他のとは違う雰囲気が感じられますねv-343

NAME:ジョル | 2012.02.21(火) 20:24 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

> K'sさん

え~っ、ダジャレきらい?v-8

モデルさん、二人くらいしか使ってないらしいからねv-356
戦争画描いても この人の絵は上品だよ~v-353

NAME:ジョル | 2012.02.21(火) 20:19 | URL | [Edit]

 

こんばんは~
いつも訪問とコメントありがとうございます。
表情が少し怖いですね~
でも実際に目の前に立つと、敬虔な気持ちに
なるんですね。
たしかに不思議な絵ですね。
応援、ポチっと

NAME:りょーごろー | 2012.02.20(月) 22:19 | URL | [Edit]

 

こんばんわぁ~(。´∇`)ノ

また しょーもないダジャレの
カエルv-535美術館(-ε-)ブーブー
私は(`・з・)カエル見ただけでお腹いっぱいだけど・・・

同じ顔の人が いっぱい(-。-;)

戦争中だから落ち着いて
絵も描けない 状態で 
よく表情とか描けていると思うよー

NAME:K's | 2012.02.20(月) 21:43 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。