dj_top

Welcome!

ジョル

Author:ジョル
ご訪問ありがとうございます!

美術館・美術展の紹介や、
好きな手芸・雑貨のことなど
お気楽な主婦のつぶやきです

間違いなどがございましたら
コメントなどでご指導お願いします!
なんせ未熟者ですので・・・
(ノ∀\*)

美術 (194)
美術のお話 (36)
展覧会 (158)
手作り (61)
編み物 (24)
羊毛フェルト (7)
その他 (7)
雑貨 (2)
お出かけ (30)
日々の中で (63)
未分類 (2)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いつもありがとうございます!

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

この人とブロともになる

QR

名前:
メール:
件名:
本文:

毎日の花色と四季の景色変わります

大好きな美術展レポを、ゆる~く楽しく綴っていきたいと思ってます☆ そのほか、趣味の手作り品や雑貨のお話など、日々の暮らしについても♪
http://artja.blog.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.05.02(Wed) 23:33
こんにちは ジョルです
「5割引」よりも 「半額」のほうが 心惹かれるのは私だけでしょうか?
やっぱり文系だからか? でも7割引はもっと好き でも9割引はアヤシイのでやめときます 

今回もまた帰省に託けて (これで「かこつけて」と読むんですよ!勉強になりますね、このブログ)東京の美術展に 行ってきました
琳派の 尾形光琳です



KORIN展 国宝「燕子花図」とメトロポリタン美術館所蔵「八橋図」

  根津美術館  4月21日(土)~5月 20日(日)

 根津美術館は、東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代根津嘉一郎(1860~1940)が蒐集した日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、展示するためにつくられた美術館です。



根津美術館は まだ一度も行ったこともなくて
いつかは行きたいと思っていた美術館です

まず 実家のある 東武東上線から 
これも初体験の 副都心線に乗って 乗り換えなしで渋谷まで
(うーん、本当に東上線、便利になったなぁ)
渋谷から再び地下鉄で「表参道」下車
表参道なんて 何年ぶりかしらねぇ・・・


20120501152056.jpg
方向さえ間違わなければ 駅からまっすぐ5分ほどで着きます


20120501152138.jpg
入るとすぐに こんなものが・・・


この間 酒井抱一の 「八橋図屏風」を観たばかりなので (その記事はこちら
その手本(?)ともなった 尾形光琳の 「八橋図屏風」が観られるなんて
なんと グッドタイミング
メトロポリタン美術館所蔵なので そうそう観られるものじゃないですしね

さらに それよりも10年ほど前に描かれた国宝「燕子花図屏風」も
一度は観ておきたかった逸品です
いやぁ 帰省してよかった(母の見舞いだったんですが・・・)


20120501152155.jpg
初めての美術館は いつもドキドキ・・・


デカい帰省の荷物をロッカーに入れようとすると、まぁなんと
ロッカーまで 都会的っつーか 
お金を入れるところが ロッカーの内側についているんですね
「¥100」みたいな表示が表面になく すっきりしたデザインです さすが・・・


展示室に入ると この二つの屏風が 暗闇に浮かんでいて とても幻想的
(美術館全体的に かなり展示室が暗めになっています)
うーん、すばらしい
近くから見たり、ちょっと下がって観たり、 
離れたところにある椅子に腰掛けて ゆっくり見たり、
しばらく やりたい放題です


irises.jpeg
「燕子花図屏風」 江戸時代

eightbridges.jpeg
「八橋図屏風」 江戸時代


「八橋図屏風」のほうが 「燕子花図屏風」より10年ほど後に描かれたそうですが
私は 「燕子花図屏風」のほうが好きです
すっきりしているし 余白の取り方が絶妙な気がするから・・・

先日見た 酒井抱一のほうが ハデですね
光琳のほうが 色使いがシブくて スピーディというか躍動感があります
抱一のほうは デザイン性が高くて モダンな感じ
(まぁ 百年くらい後だから 当たり前なんだけど
似ているようで やはり それぞれの個性がでてるんだなぁと
改めて感じました


長くなりましたので 他の作品については 次回に持ち越し!




*** 今回のチケット代は・・・1200円でした ***



お時間がありましたら 一手間お願いします

その一手間が わたくしの笑顔に繋がります
えっ?そんなものいらないと おっしゃる?
そ、そんな・・・


にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村
bana

 






関連記事
スポンサーサイト
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:展覧会 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

Re: タイトルなし

> りょーごろーさん

橋が描き込まれてるほうが 「人」の存在を
より強調されるような、現実的な感じがします。
ないほうが シンプルで単調な繰り返し(花)を
現実の花というより デザインとして見られるので
今風に感じるのではないでしょうか?
珍しく 大真面目に書いてみましたv-8

NAME:ジョル | 2012.05.04(金) 22:33 | URL | [Edit]

 

おはようございます。
僕も半額のほうが、解りやすいと思います。
根津美術館は、情緒があっていいですね。
見比べると、「八橋図屏風」のほうが、
古い感じがしますが、本当は10年後なんですよね。
「燕子花図屏風」は、今風に近い感じがして、
描き方や色使いがいいですね。

NAME:りょーごろー | 2012.05.03(木) 12:08 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ★やっぱり、マグリット★, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。